大人すはだ大人がすはだで暮らす時間

TOP » 食べる » 美味しく健康になれるハレとケの食事を。東京・蔵前の食事処「結わえる」

場所食べる食べる

美味しく健康になれるハレとケの食事を。東京・蔵前の食事処「結わえる」

2015.08.19

健康, 寝かせ玄米, 東京, 発酵, 結わえる, 蔵前

都営地下鉄浅草線と大江戸線が乗り合わせている蔵前駅の周りは、今も下町風情が残る町。最近は、海外からの宿泊客が増え、ギャラリーや雑貨店も多く、ものづくりの町として注目されています。この蔵前駅から徒歩3分、隅田川から一本入ったところに、和食屋「結わえる」本店があります。 
 
結わえる本店
 
と、言っても「結わえる」は、ただおいしい食事を提供しているレストラン、ではありません。どんなものがからだに良いのか、どんな効果があるのかを、おいしく食べて学べる場でもあるのです。
 
一般のサラリーマンや主婦世代、一人暮らしの若者世代に「どういったものを食べるとからだに良いのか」ということを伝えるべく、おいしく健康になれる食事の手本として、玄米と野菜中心の定食を提供しています。なるべく無添加で国産のもの、そして旬のものを選び、毎日日替わりの汁物、主菜、おばんざいを並べ、私たちに「今の季節はこれ」と教えてくれる現代のお母さんのようなお店です。 
 
寝かせ玄米
寝かせ玄米
 
名物は、玄米と小豆と塩少々を圧力鍋で炊き上げ、3〜4日間保温して熟成させる寝かせ玄米。 「とにかくまずは、この寝かせ玄米を食べてみてほしい。美味しいし、からだが変わるのを体感してほしい」 。スタッフも皆、そんな気持ちで、ていねいに仕込みをしています。 

食にメリハリをつければ我慢は不要!

「結わえる」では、食事を提供する際に、もうひとつこだわっていることがあります。それが、食事に関する「ハレ」と「ケ」という考え方です。
 
結わえる店内
 
かつて、普段通りの日々を「ケ」、祭りや行事などがある日を「ハレ」と呼び分け、日常と非日常のメリハリをつけて暮らしていました。
 
「結わえる」は、この「ハレ」と「ケ」を現代人の食生活に当てはめて捉え、それぞれに合う形で営業形態を変えます。昼は玄米とお味噌汁、そして野菜を中心にした、太りにくい「基本食」を出す定食屋、夜はお酒や肉魚など「快楽食」を楽しめる大衆居酒屋へと早変わり。一日で、メリハリをつける食生活を提案しています。
 
からだの健康は、誰もが願うこと。けれど、ダイエットや食事制限は、必ずしも効果があるとは限りません。「結わえる」では、美味しいものを我慢せず楽しみながら、健やかな食生活が自然と送れるよう、さまざまな工夫をこらしています。
 
結わえるの店内
 
その基本にあるのが、寝かせ玄米。保温ジャーの中で3、4日寝かせた小豆玄米は、柔らかくもちもちした食感で、一度食べるとクセになります。お昼は、寝かせ玄米に旬のものを使ったおばんざい二種類、おかずにもなる具沢山な味噌汁か、坦々汁やカレーなど日替わりの選べるスープを加えた一汁二菜箱膳定食(税込850円)と、そこに肉か魚のメインをつけた一汁三菜ハレ箱膳定食(税込1,050円)があります。 
 
栄養学的に、お弁当箱の理想的な割合と言われている、お米6:野菜3:お肉お魚が1という割合を大事にし、そこにビタミンやミネラル、食物繊維が過不足なく盛り込まれているのです。

今後は、より玄米に親しんでもらえる店を展開予定 

「結わえる」は蔵前にしか、お店がありません。なぜなら、お店を構えた理由は、「結わえる」をチェーン展開させることではなかったからです。「結わえる」で提供されている食事を手本に、食べに来たひと自身が、自分の食生活を改善できるよう学べる場を目指しています。
 
その目的は変わらずに、より玄米に親しんでもらいたいという思いから、2014年9月には、池袋の「WACCA ikebukuro」1階に「寝かせ玄米おむすび いろは」をオープン。 
 
「いろは」店内
 
おむすびと太巻きやおはぎ、そしておいなりさんなどすべて玄米を使ったメニューが並び、それに具沢山な汁物をプラスできます。テイクアウトもイートインもできる手軽さが好評です。 

「いろは」のおむすび
 
サラリーマンやOLさんが、仕事帰りに美味しく炊かれた玄米を買って帰ることができるように、また「今日は集まりがあるから」など手土産にも持ち帰れるように、「コンビニのおにぎりよりも玄米のおにぎりを食べましょう」という「結わえる」のメッセージがこめられています。
 
 
無理なく美味しく健康に。その想いが体現された「結わえる」。ただ食事を楽しむ場ではなく、私たちの食への関心を、一気にかきたててくれる存在です。
 
次回は「結わえる」の看板とも言える、寝かせ玄米と健康食について、ご紹介します。 

このお店のこと

結わえる 本店
  • 住所:東京都台東区蔵前2丁目14-14
  • 電話:03-5829-9929
  • 営業時間:ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)、ディナー 平日17:30~23:00(L.O.22:30)土祝17:00~22:00(L.O.21:30)
  • /物販 11:30~20:00
  • 公式HP:結わえる 
 
Amika

Amika

シンガーソングライター、CM音楽の歌作詞作曲、ライター、パン・料理研究家。出産を機に子供と同じ卵乳にアレルギーがあるとわかり、日常から卵乳製品を使わない料理やマクロビオティックを実践。中医学(薬膳)も学ぶほぼベジタリアン。作詞作曲のかたわら、学び続けてきた自然酵母のパンと焼き菓子、妊娠出産授乳期や養生食、狭心症や糖尿病のための食事、菜食と肉食ごはんの両立、アレルギー対応食の講座を担当。

Amikaの記事一覧

  • ぬか漬け生活2週間目、5日間の旅行に出ても大丈夫でした

    ピックアップ記事

    ぬか漬け生活2週間目、5日間の旅行に出ても大丈夫でした

    2017.08.22

  • お手軽、ぬか漬け生活はじめました!!

    食べる

    お手軽、ぬか漬け生活はじめました!!

    2017.08. 8

  • 冷え性やむくみに効く!薬膳おやつ「あずきカボチャ」|おかわりおやつ

    食べる

    冷え性やむくみに効く!薬膳おやつ「あずきカボチャ」|おかわりおやつ

    2017.01.16

  • ワンステップで完成!からだポカポカ「黒糖ジンジャーシロップ」|おかわりおやつ

    食べる

    ワンステップで完成!からだポカポカ「黒糖ジンジャーシロップ」|おかわりおやつ

    2017.01.11

  • すぐ試したい!絹豆腐とマーマレードだけでできる爽やかプリン|おかわりおやつ

    食べる

    すぐ試したい!絹豆腐とマーマレードだけでできる爽やかプリン|おかわりおやつ

    2016.12.29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  • 【連載】まちのみそ屋の女将さんへの道|発酵とすはだのおいしい関係(20)

    ピックアップ記事

    【連載】まちのみそ屋の女将さんへの道|発酵とすはだのおいしい関係(20)

    2017.01.27

  • 【連載】美味しいみそ汁に欠かせない相方(19)|発酵とすはだのおいしい関係

    コラム

    【連載】美味しいみそ汁に欠かせない相方(19)|発酵とすはだのおいしい関係

    2016.12.23

  • 【連載】目指せ!頼れるまちのみそ屋さん(18)|発酵とすはだのおいしい関係

    コラム

    【連載】目指せ!頼れるまちのみそ屋さん(18)|発酵とすはだのおいしい関係

    2016.12. 5

  • 【中島デコ×小倉ヒラク対談#3】「気があう」のは「菌が合う」から?

    ひと

    【中島デコ×小倉ヒラク対談#3】「気があう」のは「菌が合う」から?

    2016.11.24

編集部ピックアップ

  • ぬか漬け生活2週間目、5日間の旅行に出ても大丈夫でした

    ピックアップ記事

    ぬか漬け生活2週間目、5日間の旅行に出ても大丈夫でした

  • お手軽、ぬか漬け生活はじめました!!

    食べる

    お手軽、ぬか漬け生活はじめました!!

  • 【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

    コラム

    【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

「大人すはだ」限定のコラム連載中

  • からだを慈しむ、薬草の旅
  • 四季のたしなみ、暮らしの知恵
  • 発酵兄妹・妹の 発酵とすはだのおいしい関係
  • すこやかに生きること
  • おかわりおやつ
  • 酸いも甘いも家族の内
  • 中島デコのうみ•そら•みどりを召し上がれ!
  • 小手鞠るいのNYの森からきれいに私生活
  • あきゅらいず美養品
pagetop