大人すはだ大人がすはだで暮らす時間

TOP » ひと » すはだで暮らす時間は自分でつくれるーあな吉手帳術考案者・浅倉ユキさん

ひと

すはだで暮らす時間は自分でつくれるーあな吉手帳術考案者・浅倉ユキさん

2015.05.22

あな吉手帳術, すはだ, インタビュー, 手帳, 暮らし, 浅倉ユキ

日々、やりたいこととやらなければならないことに追われている女性は、少なくないのではないでしょうか。家事や仕事、育児もあるけど趣味もある……いつの間にか忙しさにかまけて、自分らしい「すはだ時間」がおろそかになっている、なんてことも。

けれど、そんな暮らしも「あな吉手帳術」で一転するかもしれません。

「あな吉手帳術」とは、A5の6穴手帳に家事や仕事でやらなければならないことや、やりたいことを細分化したものをふせんに書き手帳に貼って管理する手帳術で、料理研究家でもある浅倉さんが、自身の経験をもとに編み出しました。
 
今回は、二女一男の母でもある浅倉さんに日々を丁寧に暮らす、すはだ時間の作り方についてお話を伺いました。 
 
あな吉手帳術考案者の浅倉ユキさん

主婦の仕事は目に見えない。だからこそ生まれた手帳術 

――「あな吉手帳術」を考案した最初のきっかけを教えていただけますか?
 
浅倉ユキ(以下、浅倉) もともと料理が好きで、クチコミで料理を教えて欲しいという方が増えたため、自宅で料理教室を行なっていました。ですが、思った以上に反響が大きく、料理教室の準備や運営と子育てで忙しすぎて『止まらない列車』みたいになってしまったんです。 
 
家事や仕事でも、優先すべきことややりたいことがごちゃごちゃになってしまい、心も体も疲れきってしまった時にふと、「手帳術」という言葉を聞いたんです。その時、ハッと「時間をうまく使えば、なんとかなるかもしれない」と思いました。 
 
さっそく手帳術に関する本を読んだり講座に行ったりしたのですが、当時「手帳術」というと男性ビジネスマン向けに作られているものばかりだったんです。だから、扱う手帳には朝8時から夜8時くらいまでしか予定を書き込むスペースがありませんでした。
 
あな吉手帳術考案者の浅倉ユキさん
 
浅倉 一般的に言われるスケジュールって、人との約束のことを指すのだと思います。でも、私たち主婦は朝5時くらいから夜中までフル活動。しかも誰かと会う約束などではなくて、主婦のやることは、家事や育児はもちろん目に見えない小さなに関することも含まれるし、子どもや天候でその日の予定がコロコロ変わる。家にいるだけだと思われがちですが、実はすごく忙しいんです。 
 
そして私たちの予定のほとんどは「自分でやらなきゃと思ったこと」だから、スケジュール帳に書くことではないんです。衣替えをしたり電球を変えたり、そういうささいなこととかね。 
 
私自身のそうした実体験から、「分かっているけど頭の中で段取りしていること」を可視化して、もっと効率的に動けるように、主婦向けの手帳術として「あな吉手帳術」が生まれました。

手帳術から得た「今、目の前にいるひととの時間を楽しむ」こと 

―― 手帳術を実践して、浅倉さん自身はどんな風に日々を過ごせるようになりましたか? 
 
浅倉 手帳術がなかった頃は「子どもが目の前にいる時間」を満喫できなかったんです。子どもたちと話していても、常に頭のどこかで「忘れないうちにあの仕事をやらなくちゃ」とか「早く取り掛からなくちゃ」という気持ちがあって、落ち着けませんでした。

浅倉ユキさんの手帳
 
浅倉 でも手帳術を始めたら、やることは全部書いてあるから忘れるないし、時間も余裕をもって計算してあるから終わらないということもない。 いつも先のことばかり考えていた状態から、手帳術を身につけたことによって、目の前にいる人との時間を本当に楽しめる、心安らかな時間が生まれたと思います。
 
―― その時間は、どんなことに当てていますか?
 
浅倉 今はどんなに忙しくても三食手作りで、ごはんを作っています。子どもが起きてる間は、家で仕事はしないと決めているので、帰宅後は子どもたちと過ごす時間です。
 
長女とは、学校での話をしますし、次女や末っ子の息子があやとりやマジックをして遊んでいるのに混ざったりしますよ。
 
―― 逆算して時間の割り当てができると、やるべきこととやりたいことのバランスが見えて、一瞬一瞬を大切に過ごせる気がします。
 
浅倉 「手帳術を駆使してる」と言うと、すごくせかせかしている印象があるかもしれないけど、私からしてみたら、手帳を使ってない時のほうが「早くやらなくちゃ」とか「忘れないうちにやらなくちゃ」と気もそぞろでした。
 
一見ややこしく見えるけど、実はこっちの方がはるかにラクですし、濃密な時間を過ごせます。いつも今日の終わりまでが見えているから、焦る必要がないんです。 

すはだで暮らすのに必要なのは達成感 

―― 手帳があることによって自己信頼が生まれる、という印象を受けます。 
 
浅倉 そうなんです。やるべきことを細分化して可視化しておけば、過去の自分が未来の自分に何をすべきか教えてくれるんです。
 
浅倉ユキさん
 
浅倉 主婦として生活していて、一番つらいのは達成感が得られないことだと、私は思います。 子育てがしんどい理由のひとつに、満足いくまでやらせてもらえなかったり、自分でものごとを完結できないことがあると思います。例えば「子どもが泣いて、台所に立たせてもらえない」とか「旦那さんの帰宅が遅くて、一番美味しいできたてを食べてもらえない」とか。 
 
小さい子の子育てだけではなくて、仕事でも、自分で立てていた予定に横槍が入ることだってよくあります。こういうふうに、集中した達成感を味あわせてもらえないのは、かなりのストレスです。
 
―― 私も子どもが2人いるので、その感覚はとてもよく分かります。
 
浅倉 ですが、女性が暮らしていく中で、家でも仕事でもどうしても雑務を引き受けざるを得ないことも多いんです。だから最初から想定して、自分がやることを細分化しておくと良いんです。 
 
「3時間仕事」じゃなくて「10分仕事を何十個」という形で最初から理解しておく。細かく分けておけば、中断されても苛立たないで済みますよね。そうすると、途中で目の前のことを中断せざるを得なくても、急な予定変更に柔軟に対応できるようになるんです。 
 
いつもイライラして、ストレスを抱えて焦ったり、予定の変更のたびに怒っていたらお肌にも良くないじゃないですか
 
些細な変更でも「じゃあこの仕事は明日やればいいから大丈夫」って対応できれば、余裕ができます。その心の穏やかさは、必ず自分らしさを引き立ててくれるし、すはだのきれいさにつながっていくと思います。
 
6月上旬公開予定:「あな吉手帳術」から学ぶ、私らしく生きる〝すはだ時間“をつくる3つのコツ
 

浅倉 ユキ(あさくら ゆき)

「女性のストレス値を下げる」をモットーに、料理、家事、思考整理術などさまざまなテクニックを考案。家事育児に追われる自分自身を助けるためにオリジナルの手帳術を活用していたが、自宅で開催していた料理教室の参加者のリクエストにこたえて講座化したのが「あな吉手帳術」のはじまり。家庭では1男2女の母。猫が2匹。
 
 
 
 
Amika

Amika

シンガーソングライター、CM音楽の歌作詞作曲、ライター、パン・料理研究家。出産を機に子供と同じ卵乳にアレルギーがあるとわかり、日常から卵乳製品を使わない料理やマクロビオティックを実践。中医学(薬膳)も学ぶほぼベジタリアン。作詞作曲のかたわら、学び続けてきた自然酵母のパンと焼き菓子、妊娠出産授乳期や養生食、狭心症や糖尿病のための食事、菜食と肉食ごはんの両立、アレルギー対応食の講座を担当。

Amikaの記事一覧

  • ぬか漬け生活2週間目、5日間の旅行に出ても大丈夫でした

    ピックアップ記事

    ぬか漬け生活2週間目、5日間の旅行に出ても大丈夫でした

    2017.08.22

  • お手軽、ぬか漬け生活はじめました!!

    食べる

    お手軽、ぬか漬け生活はじめました!!

    2017.08. 8

  • 冷え性やむくみに効く!薬膳おやつ「あずきカボチャ」|おかわりおやつ

    食べる

    冷え性やむくみに効く!薬膳おやつ「あずきカボチャ」|おかわりおやつ

    2017.01.16

  • ワンステップで完成!からだポカポカ「黒糖ジンジャーシロップ」|おかわりおやつ

    食べる

    ワンステップで完成!からだポカポカ「黒糖ジンジャーシロップ」|おかわりおやつ

    2017.01.11

  • すぐ試したい!絹豆腐とマーマレードだけでできる爽やかプリン|おかわりおやつ

    食べる

    すぐ試したい!絹豆腐とマーマレードだけでできる爽やかプリン|おかわりおやつ

    2016.12.29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  • 【連載】

    コラム

    【連載】"すこやかに生きる"ための真理とは|すこやかに生きるということ⑯

    2017.01.21

  • 【連載】愛されていないと不安な「一人がこわい系」のカン違い|○○系からの成仏(5)

    コラム

    【連載】愛されていないと不安な「一人がこわい系」のカン違い|○○系からの成仏(5)

    2017.01.14

  • 女性の暮らしに「ジブン手帳」をフル活用する3つの方法と、合わせて使いたい文房具

    もの

    女性の暮らしに「ジブン手帳」をフル活用する3つの方法と、合わせて使いたい文房具

    2016.12.19

  • 新生活に向けて用意したい、女性の暮らしにフィットする「ジブン手帳」とは

    もの

    新生活に向けて用意したい、女性の暮らしにフィットする「ジブン手帳」とは

    2016.12.15

編集部ピックアップ

  • ぬか漬け生活2週間目、5日間の旅行に出ても大丈夫でした

    ピックアップ記事

    ぬか漬け生活2週間目、5日間の旅行に出ても大丈夫でした

  • お手軽、ぬか漬け生活はじめました!!

    食べる

    お手軽、ぬか漬け生活はじめました!!

  • 【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

    コラム

    【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

「大人すはだ」限定のコラム連載中

  • からだを慈しむ、薬草の旅
  • 四季のたしなみ、暮らしの知恵
  • 発酵兄妹・妹の 発酵とすはだのおいしい関係
  • すこやかに生きること
  • おかわりおやつ
  • 酸いも甘いも家族の内
  • 中島デコのうみ•そら•みどりを召し上がれ!
  • 小手鞠るいのNYの森からきれいに私生活
  • あきゅらいず美養品
pagetop