大人すはだ大人がすはだで暮らす時間

TOP » お役立ち » 要注意!その髪の洗い方と乾かし方、本当に正しい?

お役立ちお役立ち

要注意!その髪の洗い方と乾かし方、本当に正しい?

2015.06.26

シャンプー, ヘアケア, リンス, 地肌, 頭皮,

「髪は女の命」と言われますが、それほど大げさでなくても、女性にとって髪はおしゃれを楽しむ大切なアイテムのひとつです。
 
しかし、枝毛や切れ毛が多かったり、頭皮のトラブルが気になったり、人には言えない悩みを抱えている女性は、たくさんいます。しっかりケアしているはずなのに、トラブルが絶えない……そんな人は、ヘアケアの方法が間違っているのかも。

ロングヘアの女性
 
まずは、あなたの髪の洗い方と乾かし方をチェックしてみましょう。

当てはまる洗い方と乾かし方にチェック!

これから出てくる9つの質問に対し、当てはまる項目にチェックを入れてください。

□ シャンプー前のブラッシングはしない 

ブラッシングせずにシャンプーすると、ぬれた髪がからまりやすくなり、抜け毛やキレ毛の原因になります。シャンプー前は簡単にブラッシングするよう心がけて。
 
ブラッシングには、髪についた小さなほこりを落としたり、毛穴につまった汚れをかき出す役割もあります。軽くブラッシングするだけで、頭皮の血行が良くなり、すこやかな髪と頭皮を保つだけでなく、顔のお肌のハリ・ツヤにもつながっていきますよ。

□ 頭は熱いお湯で洗うのが気持ちいい

給湯温度を確認してみましょう。40度以上のお湯で洗っていたら、頭皮は悲鳴をあげています。
 
髪を洗う時の温度は38度が適温。お湯の温度が高すぎると、保湿に必要な皮脂まで落としてしまいます。皮脂がなくなると頭皮のバリア機能が下がり、頭皮のにおいやかゆみ、乾燥などにつながってしまうことも。
 
熱いお湯はキューティクルを開かせ、髪の毛がパサつく原因にもなります。ぬるめのお湯で、頭皮と髪のうるおいを保ってあげてくださいね。

□ シャワーの勢いは、できるだけ強いほうが好き

意外と知られていない、シャワーの水圧の怖さ。シャワーの水圧は、強ければ強いほど頭皮やキューティクルに負担をかけます。お風呂から出て髪の毛がキシキシすると思ったら、シャワーの勢いが強すぎるからかもしれません。

□ 頭皮と髪をキレイに洗うため、たっぷりとシャンプーを使っている。または、2度洗いをしている

髪の毛の汚れは、じつはお湯で流しただけでほとんど落ちます。何事もやり過ぎは禁物。清潔にしようとシャンプーも使いすぎてしまうと、逆に頭皮トラブルを引き起こす原因になってしまいます。
 
油分と常在菌(皮膚の表面にいる善玉菌)は頭皮のバリア機能を果たしてくれる大事なもの。これらをきちんと守ってくれるシャンプーを選びたいですね。
 
シャンプーの適量は、ミディアムの長さで6ml(通常のボトルで約2プッシュ)。手に取って軽く泡立ててから髪を洗うと、シャンプーが地肌に洗い残される可能性が低くなります。

□ 爪を立てて頭皮を洗うとスッキリする

頭皮は顔のお肌より薄く、デリケート。頭皮が傷つくと、傷口がかぶれたり、抜け毛の原因になることもあります。指の腹を使って、頭皮をマッサージするようにやさしく洗いましょう。

□ シャンプーの後のすすぎは、ぬめり感がなくなったところで止める

シャンプーの正しいすすぎ方は、全体で3分(ショート)から5分(ロング)のすすぎ時間を持つこと。ぬめり感がなくなってもすぐにシャワーを止めず、耳の後ろなどに気を配りながら、洗い流し続けましょう。
 
シャンプーがしっかり洗い流されていないと、湿疹ができたり、乾燥やフケ、頭皮のベタつきの原因になります。

□ 髪の保湿のため、しっかりと根本からトリートメントをしている

トリートメントに入っている髪のサラサラ成分は、簡単にいうとビニール状の被膜。それが頭皮に付着すると毛穴をふさぎ、薄毛や抜け毛など髪トラブルを招いてしまいます。
 
地肌に近い根本は皮脂に守られているため、トリートメントはあまり必要ありません。トリートメント剤は、耳より下の毛先のみにつけるのがおすすめです。

□ しっかり水気を取るため、ゴシゴシと念入りにタオルドライしている

シャンプー後の頭皮は、皮脂はなくなり、頭皮を守るバリア機能が低下。髪の毛もまた、キューティクルが開いて傷つきやすくなっています。
 
ゴシゴシ拭くのではなく、柔らかい素材や洗い立ての清潔なタオルを頭に巻き、しばらく置いておくのが正しい拭き取り方です。
 
使い込んだタオルやマイクロファイバータオルを使うと、巻いているだけでかなりの水分を吸い取ってくれます。ドライヤーの時間も減らせるので、髪のダメージを最小限に抑えられるはず。

□ ドライヤーをかける前に、ぬれた髪をブラシで整えている

ぬれた状態の髪をブラッシングすると、一見キレイに整ったように見えます。しかし、キューティクルが開いた状態の髪にブラッシングしてしまうと、乾いた時に髪はパサパサ。ブラッシングは、髪が乾かしてからするよう心がけて。

さて、みなさんはいくつ当てはまりましたか?

  • 1~2つ  まだ間に合う! 今日から正しい髪のケアを始め、美髪を保っていきましょう。
  • 3~4つ  要注意! 頭皮と髪にだいぶ負担がかかっています。髪の傷みや頭皮のべたつき、におい、フケなど感じる前にケア方法を見直して。
  • 5つ以上  頭皮の常在菌が正常に働いていない可能性大! 髪の洗い方や乾かし方を見直し、地肌トラブルの改善に努めましょう。頭皮のにおいやフケなど、長く続く症状がある場合は一度皮膚科を受診して

美しい髪をめざすなら、本当にケアすべきは髪ではなく頭皮

大地から出ている芽
 
美しい髪をめざし、お金や時間をかけてケアしている女性は少なくありません。その一方で、成分表などをきちんと確かめず、安くてすぐに手に入る、市販のシャンプーを使っている人が多い傾向も。
 
けれど、シャンプー選びは、頭皮の健康と髪の美しさを考える上で、とても重要です。髪を美しく保つには、髪に栄養を与える頭皮が健康でなければいけません。髪そのもののケアより、まずは「頭皮にやさしいシャンプー」を探し、頭皮をいたわる生活始めてみませんか?
 
牧野絵美

牧野絵美

音楽、芸術、書道と幼いころから“創る物”に没頭してきたインドア派。和の心をこよなく愛し、海外在住中も着物と書道具を肌身離さず持ち歩いた。 就職とともに仕事の楽しさに目覚めるも、サービス業の鬼になってやろうと上ばかり見て躓くこと数えきれず。縁あって小説を出版し、創ること、生み出すことに満たされる自分を再確認した。美しさと健康の原点は、生きたい自分を生きることと信じ、鋭意執筆中。

牧野絵美の記事一覧

  • 時代小説家で江戸料理・文化研究家の車浮代さんが愛す、手仕事の美しい和小物3選

    もの

    時代小説家で江戸料理・文化研究家の車浮代さんが愛す、手仕事の美しい和小物3選

    2016.05.20

  • 江戸時代から続く知恵に学ぶ!本当の美しさは「味噌養生」にアリ

    お役立ち

    江戸時代から続く知恵に学ぶ!本当の美しさは「味噌養生」にアリ

    2016.05.18

  • 顔の皮膚より薄い頭皮をケア!健やかな頭皮が美髪を育てる理由

    お役立ち

    顔の皮膚より薄い頭皮をケア!健やかな頭皮が美髪を育てる理由

    2016.04.22

  • 大人の女性の上質な旅にピッタリ。「今西家書院」と日本酒「春鹿」で古都・奈良を知る

    場所

    大人の女性の上質な旅にピッタリ。「今西家書院」と日本酒「春鹿」で古都・奈良を知る

    2016.01.17

  • 日本酒初心者の女性におすすめ!奈良の老舗酒蔵「春鹿 今西清兵衛商店」が選ぶ究極の3本

    食べる

    日本酒初心者の女性におすすめ!奈良の老舗酒蔵「春鹿 今西清兵衛商店」が選ぶ究極の3本

    2016.01.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  • 【連載】すこやかな髪に必要なのは、引き算と自分のチカラ|すこやかに生きるということ⑩

    コラム

    【連載】すこやかな髪に必要なのは、引き算と自分のチカラ|すこやかに生きるということ⑩

    2016.06. 3

  • 頭皮ケアのキーワードは「アミノ酸」。美髪を育てるアミノ酸シャンプーのすすめ

    お役立ち

    頭皮ケアのキーワードは「アミノ酸」。美髪を育てるアミノ酸シャンプーのすすめ

    2016.04.27

  • 顔の皮膚より薄い頭皮をケア!健やかな頭皮が美髪を育てる理由

    お役立ち

    顔の皮膚より薄い頭皮をケア!健やかな頭皮が美髪を育てる理由

    2016.04.22

  • 美髪は頭皮マッサージから!古来中国の民間療法「かっさ」って知ってる?

    ピックアップ記事

    美髪は頭皮マッサージから!古来中国の民間療法「かっさ」って知ってる?

    2016.03.16

編集部ピックアップ

  • ぬか漬け生活2週間目、5日間の旅行に出ても大丈夫でした

    ピックアップ記事

    ぬか漬け生活2週間目、5日間の旅行に出ても大丈夫でした

  • お手軽、ぬか漬け生活はじめました!!

    食べる

    お手軽、ぬか漬け生活はじめました!!

  • 【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

    コラム

    【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

「大人すはだ」限定のコラム連載中

  • からだを慈しむ、薬草の旅
  • 四季のたしなみ、暮らしの知恵
  • 発酵兄妹・妹の 発酵とすはだのおいしい関係
  • すこやかに生きること
  • おかわりおやつ
  • 酸いも甘いも家族の内
  • 中島デコのうみ•そら•みどりを召し上がれ!
  • 小手鞠るいのNYの森からきれいに私生活
  • あきゅらいず美養品
pagetop