大人すはだ大人がすはだで暮らす時間

TOP » お役立ち » 顔の皮膚より薄い頭皮をケア!健やかな頭皮が美髪を育てる理由

お役立ち

顔の皮膚より薄い頭皮をケア!健やかな頭皮が美髪を育てる理由

2016.04.22

ケア, シャンプー, ヘア, マッサージ, 地肌, 梅雨, 頭皮,

みなさんは、頭皮が顔よりデリケートな肌だということを知っていますか?
 
じつは、頬のお肌の厚さが約1.53mmなのに対し、頭皮の平均的な薄さは1.47mm。頬より頭皮の方が薄く、ダメージを受けやすいのです。
 
頭皮マッサージをする女性
 
その上、私たちは自分の頭皮を目視確認することができません。手で触れて確認するにも限界があり、知らない間に頭皮トラブルに見舞われているなんてことも。
 
頭皮は髪に栄養を送る大切な場所。健やかな頭皮から、ツヤとコシのある髪を育てましょう。

頭皮トラブルを防ぐ3つの関係

そもそも、フケや抜け毛、かゆみなどの頭皮トラブルはどうして起こるのでしょうか。

h&s髪と地肌LABO「地肌(頭皮)トラブルはどうして起こる?」によると、頭皮トラブルは「肌質」「常在菌(マラセチア菌)」「皮脂」の3つの関係がくずれると起こるといいます。

肌質

生まれ持った肌質。脂肪酸の刺激に強い人と、弱い人がいます。

皮脂

人間の体から自然と分泌されています。量が多いと常在菌を異常に活性化させてしまうことも。

常在菌

人間の皮膚の上には必ずいる善玉菌です。皮脂をエサとしています。大量に繁殖すると脂肪酸をたくさん吐き出し、頭皮を強く刺激。皮膚のターンオーバー(新陳代謝)を早め、頭皮トラブルの原因になります。
 
「ターンオーバーが早まる」と聞くと、なんとなくすはだに良いような気がしますが、本来28日周期で生まれ変わるはずの肌が、4~21日で生まれ変わってしまったら、どうでしょう。
 
早すぎるターンオーバーは、まだ成長しきっていない細胞が、大きなかたまりのまま剥がれ落ちること。つまり、フケのことなのです。無理に地肌から細胞が剥がされたような状態ですから、頭皮は外からの刺激に弱くなり、トラブルは連鎖し続けます。
 
「肌質」「常在菌」「皮脂」3つのバランスをとることが、頭皮トラブルを防ぐカギになるのです。

大切なのは「髪の毛を洗う」のではなく「頭皮をマッサージする」こと

英語「Shampoo(シャンプー)」の語源は、古代インドのサンスクリット語「champa=マッサージ」。語源からもわかるように、シャンプーは本来、「髪を洗う」のではなく、「地肌をケアする」ことなんです。
 
頭皮をマッサージする後ろ姿の女性
 
この「ケア」というのが、医学的に言うと「皮脂を適切な量に整え、常在菌の活動を抑え、ターンオーバーを正常にする」という意味。トラブル知らずの頭皮になるため、まずは次の2ステップを意識して髪を洗ってみてくださいね。

1.皮脂を適切な量にととのえる

かゆみや乾燥、フケ、べたつき、においといった地肌トラブルは、すべて常在菌が活発になりすぎていることが問題。でも、常在菌は洗い流しすぎると、悪玉菌に頭皮の勢力図をうばわれてしまいます。これが地肌トラブルを悪化させる原因に。
 
常在菌を減らすのではなく、常在菌の活動をゆるやかにするため、エサになる皮脂を洗い流しましょう。

2.毛穴の中に入り込んだ常在菌にアプローチ

ここでも大事なのは「常在菌を減らすこと」ではなく、「常在菌の働きを抑えること」。常在菌は地肌の表面だけでなく、毛穴の奥にもひそんでいることが最近の研究でわかってきました。
 
皮脂と常在菌に働きかける「地肌ケア用シャンプー」を使い、毛穴ポケットに入った常在菌まで有効成分を届かせるイメージでやさしくマッサージするのがベストです。

3. 頭皮のマッサージには「かっさ」を

マッサージは、自分の指や手のひらを使って行うのも良いですが、よりツボを刺激して血行を促進するには、「かっさ」マッサージが断然効果的。台湾の職人さんの、熟練の技で磨き上げられたかっさプレートは、頭皮のコリをほぐし、すこやかな頭皮と美髪を育ててくれるのです。
伸びをする女性

ただ髪の毛を洗えばいいというわけではありません。風になびく、健やかな髪は頭皮と頭皮マッサージ、そして常在菌を守るシャンプーを使うことが重要なのです。
 
参考:ヘアメディカルビューティーh&s髪と地肌LABO

★★★
★薬膳と暮らす台湾の日常
★きっかけはすっぴん〜シンプルになるきっかけ〜
★すはだで暮らすひと
牧野絵美

牧野絵美

音楽、芸術、書道と幼いころから“創る物”に没頭してきたインドア派。和の心をこよなく愛し、海外在住中も着物と書道具を肌身離さず持ち歩いた。 就職とともに仕事の楽しさに目覚めるも、サービス業の鬼になってやろうと上ばかり見て躓くこと数えきれず。縁あって小説を出版し、創ること、生み出すことに満たされる自分を再確認した。美しさと健康の原点は、生きたい自分を生きることと信じ、鋭意執筆中。

牧野絵美の記事一覧

  • 時代小説家で江戸料理・文化研究家の車浮代さんが愛す、手仕事の美しい和小物3選

    もの

    時代小説家で江戸料理・文化研究家の車浮代さんが愛す、手仕事の美しい和小物3選

    2016.05.20

  • 江戸時代から続く知恵に学ぶ!本当の美しさは「味噌養生」にアリ

    お役立ち

    江戸時代から続く知恵に学ぶ!本当の美しさは「味噌養生」にアリ

    2016.05.18

  • 顔の皮膚より薄い頭皮をケア!健やかな頭皮が美髪を育てる理由

    お役立ち

    顔の皮膚より薄い頭皮をケア!健やかな頭皮が美髪を育てる理由

    2016.04.22

  • 大人の女性の上質な旅にピッタリ。「今西家書院」と日本酒「春鹿」で古都・奈良を知る

    場所

    大人の女性の上質な旅にピッタリ。「今西家書院」と日本酒「春鹿」で古都・奈良を知る

    2016.01.17

  • 日本酒初心者の女性におすすめ!奈良の老舗酒蔵「春鹿 今西清兵衛商店」が選ぶ究極の3本

    食べる

    日本酒初心者の女性におすすめ!奈良の老舗酒蔵「春鹿 今西清兵衛商店」が選ぶ究極の3本

    2016.01.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  • 【連載】すこやかな髪に必要なのは、引き算と自分のチカラ|すこやかに生きるということ⑩

    コラム

    【連載】すこやかな髪に必要なのは、引き算と自分のチカラ|すこやかに生きるということ⑩

    2016.06. 3

  • 頭皮ケアのキーワードは「アミノ酸」。美髪を育てるアミノ酸シャンプーのすすめ

    お役立ち

    頭皮ケアのキーワードは「アミノ酸」。美髪を育てるアミノ酸シャンプーのすすめ

    2016.04.27

  • 美髪は頭皮マッサージから!古来中国の民間療法「かっさ」って知ってる?

    ピックアップ記事

    美髪は頭皮マッサージから!古来中国の民間療法「かっさ」って知ってる?

    2016.03.16

編集部ピックアップ

  • 【連載】影はあるけど中身がない

    ピックアップ記事

    【連載】影はあるけど中身がない"ミステリアス男子"に惹かれる「引き出したい系女子」たちよ、目を覚ませ|○○系からの成仏(3)

  • 時代小説家で江戸料理・文化研究家の車浮代さんが愛す、手仕事の美しい和小物3選

    もの

    時代小説家で江戸料理・文化研究家の車浮代さんが愛す、手仕事の美しい和小物3選

  • 美髪は頭皮マッサージから!古来中国の民間療法「かっさ」って知ってる?

    ピックアップ記事

    美髪は頭皮マッサージから!古来中国の民間療法「かっさ」って知ってる?

タグ

 ,   ,   ,   ,   ,   ,   ,   ,   ,   ,   ,   ,   ,   ,   ,   ,   ,   ,   ,   , 

「大人すはだ」限定のコラム連載中

  • からだを慈しむ、薬草の旅
  • 四季のたしなみ、暮らしの知恵
  • 発酵兄妹・妹の 発酵とすはだのおいしい関係
  • すこやかに生きること
  • おかわりおやつ
  • 酸いも甘いも家族の内
  • 中島デコのうみ•そら•みどりを召し上がれ!
  • 小手鞠るいのNYの森からきれいに私生活
  • あきゅらいず美養品
pagetop