大人すはだ大人がすはだで暮らす時間

TOP » コラム » 【連載】からだを慈しむ、薬草の旅 Vol.9|からだを温める「深く煎じる」薬草茶

お役立ちコラムコラム

【連載】からだを慈しむ、薬草の旅 Vol.9|からだを温める「深く煎じる」薬草茶

2016.01.15

煎じる, 薬湯, 薬草, 薬草茶, 連載

朝夜の冷え込みも本格的になり、しんとした空気を感じられるようになりました。例年と比べて、少し暖かい冬ではあるけれど、冬支度はもう完璧に終わりましたか。
 
からだの中に取り入れるものは、なるべくお茶や緑茶、麦茶などの冷やすものから紅茶のような芯からからだをあたためてくれるものへ。
 
特に冷えが気になる方には、赤紫蘇茶や当帰茶がオススメですが、お手軽に生姜やシナモンを加えてアレンジしてもいいですね。

deeptea1.jpg
 
さて、薬草茶を飲む時に、できたら植物たちのパワーをしっかりいただきたいもの。そこで今回は前回よりもずっと濃く煮出す方法……「深く煎じる」方法をご紹介しましょう。

からだを温めてくれる薬草茶を深く煎じてみよう

作り方(1人分、1日の服用量)

  • 水:500〜600cc
  • 薬草:5〜10g(ものによるが大さじ山盛2〜3杯程度)
deeptea2.jpg
 
材料は、浅く煎じる時と同じ。煮詰め方が違います。
 
ただし、薬草の種類によっては長く煮詰めると成分が飛んでいってしまうものや、効能が変わるものもあります。イチョウの葉など、アレルギー物質が出過ぎてしまうものもあったりしますので、念のため濃く出す薬草茶に適しているものかどうかは、事前に調べておかれると良いかと思います。

1. 小鍋に薬草と水を入れ、火にかける

deeptea3.jpg
 
ここも前回と同じですが、前回触れていなかったお茶っ葉袋についてお話ししましょう。
 
写真では、繰返し使える麻のお茶っ葉袋を使用しています。昔は各家庭で手ぬぐいを切って縫い、作っていました。使うほどに、お茶の色に袋が染まって愛着がどんどんわいてくるんです。
 
deeptea4.jpg
 
 
deeptea5.jpg
 
もちろん使い捨てのお茶パックを使用しても良いですし、お茶っ葉をそのまま水に入れて、茶こしで漉しても良いです。

2. 沸騰したら弱火にして、お湯の量が半分になるまで煮詰める。(約20〜40分)

deeptea6.jpg
 
deeptea7.jpg
 

3. できあがった濃いお茶を1日2〜3回に分けていただく

deeptea8.jpg
 
とても濃い薬草茶は「薬湯(やくとう)」と呼ばれ、がぶがぶ飲める味ではありません。ですので、少量を数回に分けていただきましょう。粗熱がとれると、飲みやすくなります。
 
時間はかかりますが、洗濯や掃除の合間など、何かをしながら作ると作業としては行程が少ないので、思ったより簡単です。
 
deeptea9.jpg
 
左が浅く煎じたもの。右が深く煎じたものです。深く煎じた方は色が濃くなっているのが分かります。味も、苦みやコクや色んな味が混沌と濃厚に出ていました。からだにあっているものであれば苦みは感じますが、まずいとは感じないことが多いです。
 
いつものお茶として楽しむ方法は美味しく抽出できて、嗜好品として楽しめるものですが、効能は薄めです。体調をどうにかしたい時、からだに喝を入れたい時は、じっくり深く煎じた薬草茶を、じっくり味わってみてください

★★★
 
★自分らしいスキンケアを求めて
★自然のチカラは健やかな肌とからだを守ってくれる
新田理恵

新田理恵

食卓研究家。管理栄養士であり、国際中医薬膳調理師。東洋と西洋、現代と伝統の両面から食を提案する。国産の生薬や薬膳茶が手に入らなかったことから、日本のローカルをめぐり、伝統健康茶ブランド{tabel}(タベル)を立ち上げる。

新田理恵の記事一覧

  • 【連載】からだを慈しむ、薬草の旅Vol.12|春の朝には、からだが目覚める高麗人参ミルクティを

    コラム

    【連載】からだを慈しむ、薬草の旅Vol.12|春の朝には、からだが目覚める高麗人参ミルクティを

    2016.03.18

  • 【連載】からだを慈しむ、薬草の旅Vol.11|寒い朝には、お腹にやさしい薬草茶粥を

    コラム

    【連載】からだを慈しむ、薬草の旅Vol.11|寒い朝には、お腹にやさしい薬草茶粥を

    2016.02.21

  • 【連載】からだを慈しむ、薬草の旅Vol.10|ヘビイチゴで作るかゆみ止め

    コラム

    【連載】からだを慈しむ、薬草の旅Vol.10|ヘビイチゴで作るかゆみ止め

    2016.02. 5

  • 【連載】からだを慈しむ、薬草の旅 Vol.9|からだを温める「深く煎じる」薬草茶

    コラム

    【連載】からだを慈しむ、薬草の旅 Vol.9|からだを温める「深く煎じる」薬草茶

    2016.01.15

  • 【連載】からだを慈しむ、薬草の旅 vol.8|薬草茶を自宅で淹れてみよう - 浅く煎じる編

    コラム

    【連載】からだを慈しむ、薬草の旅 vol.8|薬草茶を自宅で淹れてみよう - 浅く煎じる編

    2015.12.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  • 【連載】私たち家族が名前で呼び合う理由|母さんと呼ばないで(2)

    コラム

    【連載】私たち家族が名前で呼び合う理由|母さんと呼ばないで(2)

    2017.01. 9

  • 【連載】「和風そうざい系」のみなさん、大切なものは目に見えないけど目に見えるものも大切にね。|○○系からの成仏(2)

    もの

    【連載】「和風そうざい系」のみなさん、大切なものは目に見えないけど目に見えるものも大切にね。|○○系からの成仏(2)

    2016.07. 3

  • 【連載】からだを慈しむ、薬草の旅Vol.12|春の朝には、からだが目覚める高麗人参ミルクティを

    コラム

    【連載】からだを慈しむ、薬草の旅Vol.12|春の朝には、からだが目覚める高麗人参ミルクティを

    2016.03.18

  • 【連載】からだを慈しむ、薬草の旅Vol.11|寒い朝には、お腹にやさしい薬草茶粥を

    コラム

    【連載】からだを慈しむ、薬草の旅Vol.11|寒い朝には、お腹にやさしい薬草茶粥を

    2016.02.21

編集部ピックアップ

  • 【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

    コラム

    【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

  • 【連載】

    ピックアップ記事

    【連載】"わたし"の時間、"母"の時間|母さんと呼ばないで(3)

  • 【連載】まちのみそ屋の女将さんへの道|発酵とすはだのおいしい関係(20)

    ピックアップ記事

    【連載】まちのみそ屋の女将さんへの道|発酵とすはだのおいしい関係(20)

「大人すはだ」限定のコラム連載中

  • からだを慈しむ、薬草の旅
  • 四季のたしなみ、暮らしの知恵
  • 発酵兄妹・妹の 発酵とすはだのおいしい関係
  • すこやかに生きること
  • おかわりおやつ
  • 酸いも甘いも家族の内
  • 中島デコのうみ•そら•みどりを召し上がれ!
  • 小手鞠るいのNYの森からきれいに私生活
  • あきゅらいず美養品
pagetop