大人すはだ大人がすはだで暮らす時間

TOP » コラム » 【連載】からだを慈しむ、薬草の旅Vol.12|春の朝には、からだが目覚める高麗人参ミルクティを

コラムコラム食べる

【連載】からだを慈しむ、薬草の旅Vol.12|春の朝には、からだが目覚める高麗人参ミルクティを

2016.03.18

薬草茶, 高麗人参

ようやく暖かな日差しの日もふりそそぐようになりました。我が家のお庭やご近所では梅はもちろん、沈丁花も咲いて、待ちに待った春の到来を五感で感じます。
 
出会いと別れの春は、心もざわざわと落ち着かず、しかも季節の変わり目ですから体調を崩しがち。
 
けれど、春は様々な植物が芽吹くように、からだが目覚める季節。冬の寒さでぎゅっと緊張していたからだを起こすには、山菜などの苦みが一番です。菜の花にウドにニゴミ……寒い中、がんばって立ち上がった山の恵みをぱくっと食べると、少しずつ私たちのからだも目覚め、ほぐれていきます。
 
そんな中、おすすめしたい薬膳食材が、高麗人参です。

目が覚める中国古来の薬草「高麗人参」

高麗人参
 
高麗人参は、その多くが中国からの輸入品ですが、実は国産で作っている町があるのをご存知でしょうか? 今はすっかり小規模になってしまっていますが、5年もの歳月と手間ひまをかけて会津や長野、松江で育てられています。
 
高麗人参(会津ではオタネニンジンと呼ばれています)は、甘味と苦みを兼ね備え、エネルギーをチャージしてくれます。食べるとカフェインのような効果があり、元気が出ない時や疲れた時などに食べると、目がパチッと覚めて、頭の方へ暖かい気が巡ります。
 
乾燥した高麗人参の根は参鶏湯などに使われますが、パウダータイプならそのままでも使えるので、いろんなお料理に混ぜることもでき、便利です。今回は、やる気がどうしても起きない時に、私もよく飲んでいる高麗人参ミルクティのレシピをご紹介しますね。
 
高麗人参ミルクティ

材料(2杯分)

  • 紅茶や番茶の茶葉:ティースプーン山盛2~3杯
  • お水:カップ1杯分
  • 牛乳か豆乳:カップ1杯分
  • 高麗人参パウダー:2g(固形しか手に入らない場合は、同量を茶葉と同じタイミングで入れて、一緒に煮出します)
  • お好みで蜂蜜、砂糖など:適量

作り方

  1. 小鍋に茶葉とお水を入れて中火にかける
  2. 沸騰したら弱火にして、3~5分濃いめにお茶を抽出する
ミルクティを作っているところ
 
3. 牛乳(もしくは豆乳)を加えて、もう一度温まったら茶葉を取り出し、高麗人参パウダーを加えて混ぜる。お好みでハチミツなどを加えても◎

ミルクティ
 
1日の高麗人参の摂取量は、1~3gくらいから始めるのが良いでしょう。暑がりさんは、ちょっと気がのぼせてしまうかもしれませんので少量で。
 
飲んですぐに、からだが起きるのを体感していただけると思います。
 
高麗人参は、ネットもしくは一部の漢方薬局などで購入することができます。中華街がお近くにあれば、その食材店でも見つけることができます。
 
ぜひ、春の目覚めに高麗人参で、活動モードに切り替えてみてくださいね。意外とそんなにクセが無くて、美味しいですよ。
★★★
 
★わたしらしい「暮らし」ってなんだろう
★きっかけはすっぴん〜シンプルになるきっかけ〜
 
 
 
新田理恵

新田理恵

食卓研究家。管理栄養士であり、国際中医薬膳調理師。東洋と西洋、現代と伝統の両面から食を提案する。国産の生薬や薬膳茶が手に入らなかったことから、日本のローカルをめぐり、伝統健康茶ブランド{tabel}(タベル)を立ち上げる。

新田理恵の記事一覧

  • 【連載】からだを慈しむ、薬草の旅Vol.12|春の朝には、からだが目覚める高麗人参ミルクティを

    コラム

    【連載】からだを慈しむ、薬草の旅Vol.12|春の朝には、からだが目覚める高麗人参ミルクティを

    2016.03.18

  • 【連載】からだを慈しむ、薬草の旅Vol.11|寒い朝には、お腹にやさしい薬草茶粥を

    コラム

    【連載】からだを慈しむ、薬草の旅Vol.11|寒い朝には、お腹にやさしい薬草茶粥を

    2016.02.21

  • 【連載】からだを慈しむ、薬草の旅Vol.10|ヘビイチゴで作るかゆみ止め

    コラム

    【連載】からだを慈しむ、薬草の旅Vol.10|ヘビイチゴで作るかゆみ止め

    2016.02. 5

  • 【連載】からだを慈しむ、薬草の旅 Vol.9|からだを温める「深く煎じる」薬草茶

    コラム

    【連載】からだを慈しむ、薬草の旅 Vol.9|からだを温める「深く煎じる」薬草茶

    2016.01.15

  • 【連載】からだを慈しむ、薬草の旅 vol.8|薬草茶を自宅で淹れてみよう - 浅く煎じる編

    コラム

    【連載】からだを慈しむ、薬草の旅 vol.8|薬草茶を自宅で淹れてみよう - 浅く煎じる編

    2015.12.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  • 【連載】からだを慈しむ、薬草の旅 Vol.9|からだを温める「深く煎じる」薬草茶

    コラム

    【連載】からだを慈しむ、薬草の旅 Vol.9|からだを温める「深く煎じる」薬草茶

    2016.01.15

  • 【連載】からだを慈しむ、薬草の旅 vol.8|薬草茶を自宅で淹れてみよう - 浅く煎じる編

    コラム

    【連載】からだを慈しむ、薬草の旅 vol.8|薬草茶を自宅で淹れてみよう - 浅く煎じる編

    2015.12.12

編集部ピックアップ

  • 【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

    コラム

    【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

  • 【連載】

    ピックアップ記事

    【連載】"わたし"の時間、"母"の時間|母さんと呼ばないで(3)

  • 【連載】まちのみそ屋の女将さんへの道|発酵とすはだのおいしい関係(20)

    ピックアップ記事

    【連載】まちのみそ屋の女将さんへの道|発酵とすはだのおいしい関係(20)

「大人すはだ」限定のコラム連載中

  • からだを慈しむ、薬草の旅
  • 四季のたしなみ、暮らしの知恵
  • 発酵兄妹・妹の 発酵とすはだのおいしい関係
  • すこやかに生きること
  • おかわりおやつ
  • 酸いも甘いも家族の内
  • 中島デコのうみ•そら•みどりを召し上がれ!
  • 小手鞠るいのNYの森からきれいに私生活
  • あきゅらいず美養品
pagetop