大人すはだ大人がすはだで暮らす時間

TOP » コラム » 【連載】「冷えとり」と瞑想が教えてくれた自然治癒力|すこやかに生きるということ⑮

お役立ちコラムコラム

【連載】「冷えとり」と瞑想が教えてくれた自然治癒力|すこやかに生きるということ⑮

2016.12.16

ヴィパッサナー瞑想, , 冷え, 冷えとり

早いもので、私が勤める穂高養生園は冬期閉園に入りました。最後のゲストさんを見送った翌朝は、一面真っ白な雪景色。本格的な冬の到来を感じ、私たちスタッフもそれぞれの過ごし方を考えるタイミングとなりました。
 
私は、今年もまずは“ヴィパッサナー瞑想”の10日間コースに参加して、自分の心身を整えてから、冬の山陰を中心に旅をするつもりです。
 
“ヴィパッサナー瞑想”とは、「ものごとをありのままに見る」という意味を持つ、インドの古い瞑想法の1つです。具体的には、人とのコミュニケーションや外界からの情報を一切遮断して(“聖なる沈黙”と呼ばれます)、1日10時間ほどの瞑想を10日間行います。
 
私は昨年の閉園後、この10日間コースに参加したことで、特にからだのデトックスを強く体験し、コースを終えてから古の日本の都を巡る旅に出たのですが、その中で自分の心の穏やかさを実感しました。
 
瞑想
 
基本的に瞑想中はヨガや過度な運動、宗教的儀式などはご法度ですが、寒さ対策も兼ねて「冷えとり」は欠かしませんでした(今年もそのつもりです)。
 
入浴はシャワーのみなので半身浴はできませんが、瞑想中や寝る時には靴下やレギンスの重ね履きと湯たんぽ、ホッカイロで下半身をあたためます。食事は動物性の入らない菜食、お昼以降は基本的に翌朝まで食事を摂らないことがルールのため、「冷えとり」の“少食”という勧めも満たすことができます。

調子が悪くなるのは心身のデトックスが進んでいる証拠かもしれない

これまでの私の実感ですが、からだを冷やさないよういつも以上に気をつけながら、食事量を減らして胃などの消化器官を休ませると、心身のデトックスが加速していきます。
 
昨年の瞑想中は、発熱発汗、頭痛、吐気に下痢などといった症状が、5日間ほどお祭り騒ぎのように繰り返されたので、正直とてもしんどくて泣きそうになりましたが、不思議と自分の体調の変化への不安はなく、今まで蓋をしていたものや溜まっていたものが出てきているんだなぁと見守ることができました。そうやってどっしりと構えていられたのは、今まで「冷えとり」を続けてきたおかげです。
 
「冷えとり」をしていると、人によっては“瞑眩(めんげん・めんけん)”と呼ばれる好転反応が起こります。からだが良くなろうとする過程で、一時的に何らかの症状が強く出る調整作用のことで、排毒や毒出しとも呼ばれています。
 
「冷えとり」をはじめた当初は、その言葉の実態や意味がよく分からず、ちょっと怪しいとさえ思っていましたが、履いてからそんなに日が経っていない靴下、それも1枚目の絹の靴下の同じ箇所ばかりが次々と溶けるように破れていく様を目の当たりにしてからは、「もしかしたら、足先からからだの余計なものや悪いものが出ていっているのかもなぁ」と感じ、受け入れるようになりました。

依存せず自分で決めることが大事

瞑眩については本当に人それぞれの反応や解釈があると思います。私は、違和感や不安が強い場合は病院に行くのもありだと思っています。

冬のお寺
 
穂高養生園の代表からも度々聞く話ですが、人間には本来、自然治癒力が備わっていて、ある程度の不調は自分で治すことができるそうです。しかし、何らかの事情で静観できない場合や、命の危機、不安を強く感じる際は西洋医学の力に頼ることも必要です。
 
大切なのは、病院や薬に頼り切ったり依存したりするのではなくて“自分で治す”という意志、覚悟を決めること。その上で、いつ、どんなサポートを受けるかの選択は自分次第なので、からだの発するサインを見落とさず、状態を見極める力を、これからも「冷えとり」を通して鍛えていきたいと思います。
 
今年の瞑想では、どんな反応や気づきがあるのか、今からとても楽しみです。

★★★
★自然由来のものと育む、すこやかな暮らしのヒント
★木の香りで癒され、美のエネルギーを蓄えよう
★わたしらしい「暮らし」ってなんだろう
  • 暮らしの記憶                                 
 
工藤知子

工藤知子

1988年、北海道函館市出身。2008年、上京。大学で心理学、農業、フェアトレードなどを学ぶうちに、心と身体がすこやかであれば幸せに生きることができると思い至る。卒業後、有限会社あきゅらいず美養品へ入社。商品管理・広報などの業務の中、中医学・食養生などを学び、肌は心と身体の鏡であることを実感。2014年、退職を機に東北を中心に旅をした後、帰郷。4月より穂高養生園のスタッフとして長野県安曇野市で暮らし始める。現在は、心と身体がすこやかであるための探究をライフワークに、知恵と実践を求めて修行中。

工藤知子の記事一覧

  • 【連載】

    コラム

    【連載】"すこやかに生きる"ための真理とは|すこやかに生きるということ⑯

    2017.01.21

  • 【連載】「冷えとり」と瞑想が教えてくれた自然治癒力|すこやかに生きるということ⑮

    コラム

    【連載】「冷えとり」と瞑想が教えてくれた自然治癒力|すこやかに生きるということ⑮

    2016.12.16

  • 【連載】「冷えとり」を通して見つける新しい世界|すこやかに生きるということ⑭

    コラム

    【連載】「冷えとり」を通して見つける新しい世界|すこやかに生きるということ⑭

    2016.11.11

  • 【連載】「冷えとり健康法」との出会い|すこやかに生きるということ⑬

    コラム

    【連載】「冷えとり健康法」との出会い|すこやかに生きるということ⑬

    2016.10. 7

  • 【連載】心とからだを自然のリズムとチューニングする|すこやかに生きるということ⑫

    コラム

    【連載】心とからだを自然のリズムとチューニングする|すこやかに生きるということ⑫

    2016.08. 1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  • 冷え性やむくみに効く!薬膳おやつ「あずきカボチャ」|おかわりおやつ

    食べる

    冷え性やむくみに効く!薬膳おやつ「あずきカボチャ」|おかわりおやつ

    2017.01.16

  • ワンステップで完成!からだポカポカ「黒糖ジンジャーシロップ」|おかわりおやつ

    食べる

    ワンステップで完成!からだポカポカ「黒糖ジンジャーシロップ」|おかわりおやつ

    2017.01.11

  • 冷えに効く!5分でできる「ジンジャー焼きリンゴ」|おかわりおやつ

    食べる

    冷えに効く!5分でできる「ジンジャー焼きリンゴ」|おかわりおやつ

    2016.12.26

編集部ピックアップ

  • 【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

    コラム

    【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

  • 【連載】

    ピックアップ記事

    【連載】"わたし"の時間、"母"の時間|母さんと呼ばないで(3)

  • 【連載】まちのみそ屋の女将さんへの道|発酵とすはだのおいしい関係(20)

    ピックアップ記事

    【連載】まちのみそ屋の女将さんへの道|発酵とすはだのおいしい関係(20)

「大人すはだ」限定のコラム連載中

  • からだを慈しむ、薬草の旅
  • 四季のたしなみ、暮らしの知恵
  • 発酵兄妹・妹の 発酵とすはだのおいしい関係
  • すこやかに生きること
  • おかわりおやつ
  • 酸いも甘いも家族の内
  • 中島デコのうみ•そら•みどりを召し上がれ!
  • 小手鞠るいのNYの森からきれいに私生活
  • あきゅらいず美養品
pagetop