大人すはだ大人がすはだで暮らす時間

TOP » コラム » 【連載】嫁姑の不思議な関係。居心地のいい距離感を描くには?|酸いも甘いも家族の内④

お役立ちコラム

【連載】嫁姑の不思議な関係。居心地のいい距離感を描くには?|酸いも甘いも家族の内④

2016.01.29

, , 悩みごと, 結婚, 酸いも甘いも家族の内

IMG_0001_1.jpg
女性にとって「嫁姑」という関係は、あまり良いイメージがないかもしれません。一人一人の個性、組み合わせによって全く違う、女同士の不思議な関係。今日は、わたしがよく聞く嫁姑の悩みから、なるべくお互いが気持ち良く関われるコツまで、考えていきたいと思います。

嫁と姑のあいだに生じる、よくある悩み2つとは

友人たちに聞いてみた結果、嫁姑の悩みは、だいたい2つに分類できることがわかりました。

1つ目:生活習慣の違い

やっぱり、「食」の違いは大きいみたいです。
 
例えば、ナチュラル派のお嫁さんと、効率・手軽さを優先するお姑さん。出汁から取るお嫁さんと、インスタント出汁のお姑さんで食の好みに違いが生じます。「子どもにはなるべくからだに良いものを食べさせたいんだけど、言いにくいんだよねー」と悩むことも。
 
洗剤の種類なんかも、そう。「ナチュラル洗剤で洗うと仕上がりが物足りないのか、後で2度洗いされるのが辛くて……」と泣きながら友達に相談されたこともあります。
 
人にもよりますが“効率と手軽さ優先”の親世代、“エコナチュラル”をスタンダードとして育った子世代で、価値観の違いがあるような気がします。「洗剤で悩むなんて大げさな!」と感じる人もいるとは思いますが、選ぶものはその人の思想や価値観の現れ。本気で葛藤するのも、分からんでもないのです。
 
あとは、良かれと思って散らかった部屋を掃除したら、「あの状態が気に入っていたのに」と怒られた、とか、家事の仕方が気に入らなくて姑さんから責められた、とか。そんな生活習慣における違いがバトルを生んでしまうみたいです。

2つ目:育児方針の違い

今と昔では、母乳とミルク、抱っこの仕方、病気への対処法など、良しとされている育児方法が違います。アップデートされていない知識を押し付けられると、お嫁さんはしんどい。「私たちの時代は……」「これが良いのよ」などと、お姑さんに言われるとイヤでも断りにくいしね。いろいろな情報を見聞きし、経験する中で、自分たちなりに採用すること・しないことは決めたいものです。
 
「おばあちゃんちにいくと、子どもにおやつを与え過ぎて困る」「ちょっとしたことで心配されすぎてヤダ」という声もあれば、逆に「孫の面倒をみるのはプレッシャー」なんて声もよく聞きます。

素直であることが一番の近道

「で、ヒビノさんちはどうなの?」
 
と、思われる方もいるでしょう。
 
あのー……壮絶なバトルとか大きな悩みとか期待されている方は、ごめんなさい。わたしは、超ラッキーな姑に巡り会ってしまったのです。
 
今から9年前、わたしは夫のふるさとである高知県の嶺北エリアに移住しました。夫の両親は我が家から車で5分の場所に住んでいて、子育てのサポートをしてくれたり、週何度かは一緒にご飯を食べたりと、仲良くしています。

IMG_0002_1.jpg
 
時々、お互い思うところがあるにしても、基本的に仲良く暮らせるのは、ほとんど姑の懐の広さによるものだと思っています。姑は、若いころから病気や子どもの死など、様々なことを経験してきました。痛みも分かるからこそ、人に寄り添え、また自分と人を分けて考えられる寛容さがあります。そんな彼女の姿は、女性の先輩として尊敬しているんです。
 
円満の秘訣? うーん。あえて言うと「イイ嫁ぶらず素直でいる」ことかなあ。
 
わたしは、ぶっちゃけ「一般常識があり上品な素晴らしい嫁像」とは正反対の「何をするか分かんない破天荒な嫁」。ですから、猫をかぶらず素のキャラを見せて、腹を割って付き合えるようにしてきました。今後、何十年も付き合っていくであろう姑に、イイ子ぶっていても化けの皮はすぐはがれます。相手を尊敬しながら自分に素直でいることは、肩の力が抜けた“無理のなさ”を作ってくれるのです。

実母でないから話せることもある

あと、「実の娘でないから話せること」もありますね。これ、意外なんですが。
 
実の娘というのは、自分の希望を当てはめて考えてしまい、違う方向にいくと口出ししたくなるもの。だけど、嫁は実の娘じゃないからこそ、違いを喜んでくれるんです。
 
姑は「わたしは内向きで家庭や地域にこもってきたタイプやから、ケイコちゃんが外にどんどん出て、仕事の幅も広げていくのは、見ていておもしろい」と、応援してくれます。本当にありがたい。
 
わたしも、実の親でないからこそ相談しやすいことがあります。実母の場合、「娘が悩んでいる」と知れば、余計な心配をする恐れがあるじゃないですか。遠くに住んでいて状況が見えない中、無用に不安にさせたくないので、出来るだけ悩み相談はしないようにしているんです。
 
でも、近くで普段の様子を見てくれていて、わたしたちの生活や仕事の全体像をつかんでいる姑には、今悩んでいること、たとえば地域の方々とのお付き合いの仕方や、子育てのこと、女性のからだのことなどを相談しやすい。夫を間に入れなくても、一人の人間としてざっくばらんに話せるんです。

嫁と姑の関係は異文化交流。割り切って暮らすための5つのマインド

「いやいや、うちの姑はそんなタイプじゃないし……」という関係も、もちろんあると思います。ですので、嫁姑の関係に関して、なんとなくモヤモヤしていたり、悩みが尽きなかったりする方のために、わたしなりに学んだ5つの心構えをご紹介しますね。

(1) いいところも悪いところもお互いさま。自分を振り返る

IMG_0004_1.jpg
 
相手の嫌なところばかり数えて「ムガー!」となってしまう時、ありますよね。そんな時は、相手に意識が向きすぎている証拠。イライラするのは、「自分はどうだろう?」と振り返るべき合図だと意識します。振り返ると、自分の調子が悪い時にイライラしているものなのです。

そして「相手にとっての自分は、どういう風に見えているだろう?」とも考えてみます。相手を批判をしたり苛立ちを募らせたりするのではなく、少し客観的に自分を捉えるのが大事です。

(2) 甘えるところは甘え、助けるときには助ける

「忙しいでしょ?ごはん食べていきなさい~」など、あちらが申し出てくださったことは、無理のない範囲で気持ち良く受け取ります。反対に「外出するから家で介護している、おばあちゃんの様子を見ていてくれる?」と頼まれた時には出来る範囲で助ける。お互いに、支え合える関係性を築くことができます

(3) マイナス面だけじゃなく、プラス面からも見る

冒頭で紹介した子育ての悩み。姑・舅が子育てをサポートしてくれるのはとても助かる一方で、どうしても子どもにはユルくなっちゃう。ただ、よく捉えると夫婦だけでは与えられなかった価値観・昔ながらの知恵を子どもが身につけられるんですよね。

プラスとマイナスのどちらも考えた上で、自分たちが必ず大切にしたい方針・ルールは姑に伝える。それ以外は大雑把に良しとして、気楽さを大切に。

(4) “自分にとっての当たり前”を当てはめない

冒頭で話した生活習慣の違いなんかも、要は「自分にとっての当たり前」「正しさ」を相手にも当てはめるからトラブルになります。やっぱり基本は、お互いに相手のやり方に踏み込まないこと。

「相手が間違っているから正さなきゃ」ではなく「それぞれのやり方がある」と考えれば、気持ちがほぐれ「あなたの使ってる洗剤は、どういうところがいいの?」なんて興味を持ってくれることも。その時に楽しく答えることができれば、すてきです。

(5) 「墓」「空き家」など後回しにしがちな重要問題を話せる関係を作っておく

わたしの夫の両親は法律関係の仕事をしているため、普通の人が言葉を濁して後回しにしがちな話(土地、空き家、墓の問題など)を明快に話してくれます。このように、後々大きなトラブルになりそうな問題も、両親と普段から信頼関係を作り、腹を割って話せるようにしておくと不安を取り除けます。

ソフト&ハード面での絶妙な距離感が鍵

最後に、嫁姑のすてきな関係の決め手は「距離感」なんじゃないかな。精神論も大事だけど、物理的にも距離を持つことで、お互いの心の状態を保てます。友人の中には「同居から近所で別居する生活に変えただけで、あんなにケンカしてた姑に感謝できるようになった」という人も。
 
IMG_0003_1.jpg
 
ソフト面では、お互いの思想・生活習慣・やり方に踏み込まないこと。そのために、自宅でいる時は自分たちのルール、実家にいる時には実家のルールを採用すると決めるのです。人は「否定された!」と思うと攻撃的になります。だからまずは相手への「承認」をしっかり置いて、聞く耳を持ってくれたら提案すればいい。
 
ハード面では、プライベートスペースを持つことが鍵。うちの場合は車で5分の場所で別居ですが、これ、絶妙な距離感なんです。何から何まで全部一緒だと、いくら仲が良くてもキツい時があります。自分のスペースがあって心の余裕が保てるうちは、トラブルにもなりにくいし、相手にも気が回ります。
 
「長男の嫁だから同居しないと」「夫が同居したほうがお得だと言うから」ではなく「どんな距離だったら自分にも相手にも優しくできるか?」と考えてみてください。きっとこの答えは、それぞれ違うと思うけれど。
 
気持ち良く暮らせる距離をとる。それは罪悪感を抱くようなことではなく、お嫁と姑、互いを大切にするための円満の秘訣だと思います。
 
今日の家族問答

お嫁さんと姑さん、心地よく暮らすために、今日からできることは何でしょう?


答えをツイートする!


★★★
 
★きっかけはすっぴん〜シンプルになるきっかけ〜
 
ヒビノケイコ

ヒビノケイコ

4コマ漫画エッセイスト。9年前京都から高知の山奥、嶺北エリアに移住。自然派菓子工房ぽっちり堂オーナーをしつつ、作家・講演活動をしています。新しい時代に必要な視点と、多様なライフスタイルを地域から発信中。移住、ローカル、女性の軸、仏教、子育て、アートがテーマ。 ブログ「ヒビノケイコの日々」http://hibinokeiko.blog.jp

ヒビノケイコの記事一覧

  • 【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

    コラム

    【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

    2017.02. 1

  • 【連載】愛されていないと不安な「一人がこわい系」のカン違い|○○系からの成仏(5)

    コラム

    【連載】愛されていないと不安な「一人がこわい系」のカン違い|○○系からの成仏(5)

    2017.01.14

  • 【連載】いつまでも夢見る「結婚さえすれば系」じゃいられない|○○系からの成仏(4)

    コラム

    【連載】いつまでも夢見る「結婚さえすれば系」じゃいられない|○○系からの成仏(4)

    2016.10.28

  • 【連載】影はあるけど中身がない

    コラム

    【連載】影はあるけど中身がない"ミステリアス男子"に惹かれる「引き出したい系女子」たちよ、目を覚ませ|○○系からの成仏(3)

    2016.08.26

  • 【連載】「和風そうざい系」のみなさん、大切なものは目に見えないけど目に見えるものも大切にね。|○○系からの成仏(2)

    もの

    【連載】「和風そうざい系」のみなさん、大切なものは目に見えないけど目に見えるものも大切にね。|○○系からの成仏(2)

    2016.07. 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  • 【連載】いつまでも夢見る「結婚さえすれば系」じゃいられない|○○系からの成仏(4)

    コラム

    【連載】いつまでも夢見る「結婚さえすれば系」じゃいられない|○○系からの成仏(4)

    2016.10.28

  • 【連載】家事を必死に頑張っても、幸せにはなれない|酸いも甘いも家族の内⑤

    コラム

    【連載】家事を必死に頑張っても、幸せにはなれない|酸いも甘いも家族の内⑤

    2016.02.28

  • 【連載】結婚・出産後に始めた「嫁」「母」の心コスプレ|酸いも甘いも家族の内③

    コラム

    【連載】結婚・出産後に始めた「嫁」「母」の心コスプレ|酸いも甘いも家族の内③

    2016.01. 9

編集部ピックアップ

  • 【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

    コラム

    【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

  • 【連載】

    ピックアップ記事

    【連載】"わたし"の時間、"母"の時間|母さんと呼ばないで(3)

  • 【連載】まちのみそ屋の女将さんへの道|発酵とすはだのおいしい関係(20)

    ピックアップ記事

    【連載】まちのみそ屋の女将さんへの道|発酵とすはだのおいしい関係(20)

「大人すはだ」限定のコラム連載中

  • からだを慈しむ、薬草の旅
  • 四季のたしなみ、暮らしの知恵
  • 発酵兄妹・妹の 発酵とすはだのおいしい関係
  • すこやかに生きること
  • おかわりおやつ
  • 酸いも甘いも家族の内
  • 中島デコのうみ•そら•みどりを召し上がれ!
  • 小手鞠るいのNYの森からきれいに私生活
  • あきゅらいず美養品
pagetop