大人すはだ大人がすはだで暮らす時間

TOP » うみ•そら•みどりを召し上がれ! » ただ切るだけじゃもったいない?!ヘアードネイション体験

うみ•そら•みどりを召し上がれ!

ただ切るだけじゃもったいない?!ヘアードネイション体験

2016.11.13

ウィッグ, ヘアードネーション, ベリーショート, 中島シネマ

日本中、世界中に素敵な暮らしをしてる人たちがたっくさんいて
どんどん増えてるみたいに感じて、とっても嬉しくなります。
わたしもお母さんみたいにフットワーク軽くなったら、もっと気軽にいろんなとこ行きたいな。
今は家で子どもと過ごすことで手いっぱいですが。。10年後くらい?笑
お母さんもそれまで元気でいてね!
 
「笹のいえ」もいろいろやりたいこと、試したいことも(隣に崩壊寸前の家屋があったり、燃焼効率の悪い薪ストーブを改善したかったり)あるはあるんだけど、
目の前の脱穀や脱粒、日々の保存食作りに追われています。
最近は柿酢を仕込みましたよ。
s_10-1.jpg
プラス、最近母屋隣の倉庫が空いたので、そこをきちんと活用していきたいなと、、。
今は車庫&ひたすら物置になってしまってますが。
電気も引いて電動工具などを使えるような作業場や、
味噌や柿酢などを
保管する蔵的な役目も担ってもらえるような場所に
なって欲しいなと切に願ってます。ね、父ちゃん。笑
 
さてさて今回は、以前から気になっていたヘアドネーション!
に、やっと行ってきました~!
最近ちらほら聞きますよね「ヘアードネイション」。
切った髪の毛って(多少の決まりはありますが)寄付できるんですって。
寄付された髪の毛から医療用ウィッグを作成し、癌や先天性の病などによって脱毛してしまった子どもたち提供されています。
 
わたしも数ヶ月前まで知らなかったんですが
ずっと、美容室の床に散らばってホウキで集められる髪の毛がもったいないなって思ってた「もったいない母ちゃん」のわたしには嬉しい報せ。
と言っても、最初の子どもを産んでから美容室なんて行ったことあったっけ?
って感じなくらいご無沙汰でした。
 
今回伺ったガネーシャさんわたしがこの制度を知るずっと前、
なんと3年も前から、それこそまだ協力店が全国でたった20店舗ほどだったころから
ヘアードネイションに参加しているんだとか。
 
わたしがどうして美容室になかなか行かなくなったかって言うと
それはずばり「子どもがいるから」。
でもガネーシャさん、お子様連れでも大丈夫ですって言ってくださったんです。
子連れで行ける美容室なんてあるわけないって勝手に決め付けて、探そうともしてなかったわたし、感動!
下の2人を引き連れて早速来店。
小さいけれど、とても居心地のいい空間が広がっていました。
s_10-2.jpg
高知に越してきてからほぼずっと伸ばしっぱなしの髪は
なんといつの間にかこんな長さに。
s_10-3.jpg
まず髪を幾つかの束にまとめます。
 
s_10-4.jpg
傷んだ毛先だけ切り落としてもらってから
束ねたゴムの上をジョキジョキ切ってもらいました。
s_10-5.jpg寄付は31cmからできるのですが、40cm近くありました。
この毛の束は何人分かまとめて送ってくれるそうです。
わたしが寄付した髪の毛はわたし一人分の髪の毛なので
一人分のウィッグが作れるものと思っていたんですが
なんと、最低でも20人分の髪の毛の束が必要なんだとか。
わたしがこの長さになるまで3年かかっているので
たったひとつのウィッグが作られるまで、長い道のりです。
でも何もしなくても生えてくる髪の毛が何かの役に立つなんて
(1/20なのでとっても微力ではありますが)ただ燃やすよりかはいいかも。
 
賛同している店舗でカットしなくても、行きつけの美容室さんで
同じように毛束を整えて切ってもらって持って帰ってから個人で送付もできるし、
もちろん自宅で自分で切ったもの、一人分からでも送れます。
大阪にあるNPO法人Japan Hair Donation & Charityが受け付けています。寄付や事務作業ボランティアなども募集中。(http://www.jhdac.org
 
そして切りっぱなしのおかっぱを整えてもらってこんな感じ。
s_10-6.jpg
軽い!だいぶさっぱりしました。
これからの季節には見た目寒そうな感じですが。
我が家にはドライヤーがないのでこの長さなら
タオルドライでもちゃんと乾かせそうで嬉しいです。
 
また3年くらい伸ばしたらここに切りに来ようかな。
もしくは青空美容室@笹のいえに出張して来てもらおうかな。
ヘナもできるということでそちらも興味津々です!
新しいつながりにも感謝な1日でした。
どうもありがとうございました。
s_10-7.jpg

お母さんはけっこう昔からベリーショートだから
ヘアードネイションには縁がなさそうだけど
(もう髪型さえチャームポイント化してるものね)
ベリーショートにしたきっかけとかあったのかな?
 
わたしが小さい頃はわたしみたいなおかっぱの時もあったよね。
わたしが小学生の頃の授業参観ではすでにベリーショートだった記憶があります。
今子育てする身になってみて思うのは、
伸ばしっぱなしだと
美容室に行かなくて済んで楽~って思ってて。
(いつの間にか3年経ってた!みたいな)
 
ベリーショートだと割と頻繁に美容室行かないといけなくない?
お母さんのベリーショート遍歴ってどんなだったのかしら~?
中島子嶺麻

中島子嶺麻

1984年中島デコの長女として生まれる。「おなかの中からマクロビオティック」で育った純マクロっ子。2007年から千葉房総にあるブラウンズフィールドで、日々の調理や イベント、経理などを担当。結婚後、3児をプライベート出産する。2013年高知県に引っ越 し、古民家を修復しながら農的生活をはじめる。2015年むかし暮らしの宿「笹のいえ」として体験型のお宿をスタート。得意料理は、旬の野菜の皮から根っこまでを余さず使うMOTTAINAI料理。著書に「きれいになる「ゆるマクロビ」玄米と野菜のワンプレートごはん」「朝つめるだけ 玄米と野菜の「ゆるマクロビ」弁当」家の光協会、「小さな子のマクロビオティックおやつ」パルコ出版。

中島子嶺麻の記事一覧

  • おうちで眠っている食材がもったいないのでcafeやってみました

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    おうちで眠っている食材がもったいないのでcafeやってみました

    2017.01.15

  • 中島シネマもブラウンズフィールドもルーツはここ?はじめ塾市間寮へ里帰り

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    中島シネマもブラウンズフィールドもルーツはここ?はじめ塾市間寮へ里帰り

    2016.12.10

  • ただ切るだけじゃもったいない?!ヘアードネイション体験

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    ただ切るだけじゃもったいない?!ヘアードネイション体験

    2016.11.13

  • 楽しい!嬉しい!気持ちいい!をシェアしたい。素敵な夫婦の新しい結婚式のカタチ。

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    楽しい!嬉しい!気持ちいい!をシェアしたい。素敵な夫婦の新しい結婚式のカタチ。

    2016.10. 8

  • 夏の終わりにやっと完成したアースキッチンがかわいい。風を感じ、虫の声を聞きながらの野外料理は、クセになる。

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    夏の終わりにやっと完成したアースキッチンがかわいい。風を感じ、虫の声を聞きながらの野外料理は、クセになる。

    2016.09.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  • おうちで眠っている食材がもったいないのでcafeやってみました

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    おうちで眠っている食材がもったいないのでcafeやってみました

    2017.01.15

  • 夏の終わりにやっと完成したアースキッチンがかわいい。風を感じ、虫の声を聞きながらの野外料理は、クセになる。

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    夏の終わりにやっと完成したアースキッチンがかわいい。風を感じ、虫の声を聞きながらの野外料理は、クセになる。

    2016.09.11

  • 自然がぐっと身近になった、笹の秘密基地と平石川

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    自然がぐっと身近になった、笹の秘密基地と平石川

    2016.08.27

編集部ピックアップ

  • 【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

    コラム

    【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

  • 【連載】

    ピックアップ記事

    【連載】"わたし"の時間、"母"の時間|母さんと呼ばないで(3)

  • 【連載】まちのみそ屋の女将さんへの道|発酵とすはだのおいしい関係(20)

    ピックアップ記事

    【連載】まちのみそ屋の女将さんへの道|発酵とすはだのおいしい関係(20)

「大人すはだ」限定のコラム連載中

  • からだを慈しむ、薬草の旅
  • 四季のたしなみ、暮らしの知恵
  • 発酵兄妹・妹の 発酵とすはだのおいしい関係
  • すこやかに生きること
  • おかわりおやつ
  • 酸いも甘いも家族の内
  • 中島デコのうみ•そら•みどりを召し上がれ!
  • 小手鞠るいのNYの森からきれいに私生活
  • あきゅらいず美養品
pagetop