大人すはだ大人がすはだで暮らす時間

TOP » うみ•そら•みどりを召し上がれ! » お金があっても幸せ度数は上がらない。自給できて持続可能な暮らし方こそが本当の豊かな幸せ

うみ•そら•みどりを召し上がれ!

お金があっても幸せ度数は上がらない。自給できて持続可能な暮らし方こそが本当の豊かな幸せ

2016.02.27

ブラウンズフィールド, 中島デコ, 味噌造り, 柿酢, 笹のいえ, 醤油造り,

は〜い。バトン受け取りました。
文章書くなんて無理無理って言ってた子嶺麻さん。ちゃんと書けてるじゃありませんか〜!
しかも、子育てしながら!偉いです。
生きてるだけで子供を生かせているだけで素晴らしいって思ってるので、プラスα何かやるのは凄いって思います。(ハードル低いですかね。笑)

改修前の『笹のいえ』ですか?ひどかったですね〜。もうボロッボロ。笑。
ここで何をどうできるって言うの〜?大丈夫なの〜?と思いましたが、
そこはさすがの渡貫家族。始めは町のアパートに住みながら、毎日通って、改修工事、頑張っていましたよ。もちろん、いろんな方のお世話になったようです。おかげさまですね。

でも、いくら直したと言っても、そこまでビシッとピカピカになっているわけでも無く、広くも無く、子どももコロコロいて生活感丸出しなのに、見切り発車的に、宿泊施設の免許を取って、人を泊めちゃっているってのがさらに凄いです!

あ。しまった。人の事言えなかった。笑。
ブラウンズフィールドも、いつ崩れてもおかしくないようなボロ家でカフェ営業して、無理くり窓開けた蔵で泊まっていただいたりしてますね。そう言えば。笑。
10数年前とかは、もっと、もっと、小汚い状態でしたし、やっぱり子どもがコロコロ走りまわっていて、お客様に、洗濯物とか畳んでいただいてたりしてましたっけね。

ありです。ありです。なんでも、ありですね。ウチはこうなんで。って正直言って、それでも、来たいって言ってくださる方をできる範囲で大事におもてなしするしかないです。
パーフェクトに万人受けを狙う必要なんて無い無い。自分たちの力量に合わせて、いい意味、わがままに、楽しく、前向きに進んでいくしか無いでしょね。

お金があっても幸せ度数は上がりません。お金がミニマムでも、健康で家族が仲が良く地域とのつながりもあり、環境が良く、自然が豊かで美しく、ある程度自給ができ、持続可能に楽しく生きていけたら、本当の意味での豊かさがありますよね。それこそが幸せだと思います。それを体現している渡貫家族。
これからの社会の見本となる暮らし方だと本当に感心しています。


今だから、言えますが、渡貫家族が「数年後に独立します」宣言をした時は、目の前が真っ暗になりました。孫達が可愛くて、渡貫家との生活があまりに楽しく充実していたので、日々内臓がえぐられるように苦しくて、哀しくて、引っ越しまで、1日1日のカウントダウンが針のむしろのようで、心の中で、泣いたり、怒ったり、せめて、近くに引っ越して欲しいと祈ったりしていました。が、結局かなり遠い高知に引っ越す事に。一昔前、子嶺麻のお父さんと離婚騒動した時よりショックで、今までの人生の中で一番辛い出来事でした。

でも、こうして離れてみると、意外と平気。しかも、千葉と高知、親しみのある場所が倍に増え、素敵な人たちにも子嶺麻を通して数倍知り合え、広がりができ、行ったり来たりも楽しくて、静かな時間も増え、こうして、ネットで子嶺麻達が元気に活躍する様子も見え、ブラウンズフィールドにも新しい風が吹き、やってみれば、何ちゃなかったです。
案ずるより生むが易しですかね。
まぁ、そう思えるのも、行き来できるのも、元気な身体と健全な精神があってこそです。日々日々、よく寝て、美味しく食べて、笑えて、働けて、本当にありがたい!
本当に全てがありがたいなって思えます。

あれれ? 写真を載せる間も無く、書き進んじゃいました。では、最近の様子を少し。。

ブラウンズフィールド、2月の初めには梅の花が咲き初めましたよ。
大きな梅の木が何本もあるので、むせかえるほどの甘い香りが漂っています。
s_1-IMG_5967.JPG
この花が全部梅の実になるのかと思うと、嬉しいやら、気持ちがすでに忙しいやら。。笑。
「慈慈の邸」の方のしだれ梅も見事です。しだれ梅が窓いっぱいに見えるお部屋を『しだれ梅』って名前をつけているのですが、この時期、いらしてくださるお客様が少ないのが残念。
s_2-MG_5981.JPG
去年、柿がたくさん採れた時期に、大樽3つに仕込んで、玄関に鎮座し、どんどん醸され、酸っぱい匂いを玄関に充満させていた柿酢。ついに、搾りました。表面が見事なナタデココ状態でしたよ。柿酢にチャレンジしている皆さん。表面のナタデココにびっくりして捨ててしまわないようにね。美味しい柿酢ができてるはず。
まずはめげずに味をみてみて。ウチのはなぜか、3樽とも全然違う香りと色と味で、ホント美味しくできていました。
s_4IMG_5904.JPG
でも、3種を使い分ける器量は私には無いので、混ぜちゃいました。さらに、美味しくなったと言っておきましょう。(笑)
これ、すっごく良いリンスにもなるのですよ。慈慈の邸のお風呂場に置いてあって、使った皆さんがみんな感動してくださいます。
あ〜。美味しいし、お役立ちなので皆さんにお届けしたい〜!
でも、醸したものって、販売規制があって微妙らしいので、皆さん、各自、今度の秋に仕込んでくださいね。
でも、どうしても、試してみたい方は、ブラウンズフィールドの「ナチュラルストア アサナ」にいらした時に『柿で作ったリンス的なものってありますか?』って聞いてみてください。もしかしたら出てくるかも。(確約は致しかねますが。笑)

続いて、一昨年に仕込んで、2年寝かせておいたお醤油を天気の良い暖かな日に搾りましたよ。
s_5IMG_5951.JPG
搾り氏さんに来てもらって、木のフネで搾っていきます。垂れてくる生醤油の美味しいこと!
s_6IMG_5955.JPG
これを打ち立て茹でたて手のべうどんにかけて、いただきました〜!
最高です!やめられません!笑。
今年、いすみ市手作り醤油の会を立ち上げ、木のフネを造り、醤油搾り氏さんや麹屋さんと共に、地域を盛り上げて行こうとしています。
お醤油造ってみたい人、この指とまれ〜!です。(とりあえず、近隣の方に限ります)

さらに、毎年恒例、味噌造り。
まず、ブラウンズフィールドで育てた米を浸水させて、蒸して、発酵器に入れて醸し、麹を作ります。今年は、蒸し方を丁寧にしたのと、麹菌をこだわりのものに、変えたおかげか、すっごく良い出来栄えでした。
s_7IMG_6009.JPG
その麹に塩とブラウンズフィールドの貴重な大豆を茹でて潰したものを混ぜて、再来年のための味噌を仕込みました。出来上がりはなんと150kg!みんなで作ると楽しいし早い!

今年は全部木樽に詰め、表面に寺田本家の美味しい酒粕を貼り付けてみましたよ。美味しい味噌にならない理由が一つもありません!笑。
2年後に開けて頂くのが楽しみ過ぎます〜!!!
s_3IMG_6016.JPG

冬の大事なお仕事がほぼ終わりました。
こうして、若い人達と最高級な食材を、お金をかけずに遊びつつ造り、一緒に頂く事ができるのは、本当に楽しいし有り難い!
ゆっくりでも、小規模でも、こんな手造りの輪が広がっていくといいな。

子嶺麻も四国でそんな輪を少しずつ広げていっているようです。
さらに次世代に繋げようとしてくれている娘は本当に有り難い存在です。

子嶺麻〜。今年のお醤油や柿酢のお味はどうですか〜!?
今度交換こしようね。    母より。
 
 
 
中島デコ

中島デコ

1958年東京都生まれ。料理研究家。16歳でマクロビオティックに出会い、25歳から本格的に学び始める。86年東京下北沢でマクロビオティックの料理教室「ワンダーマミー」を主宰。二度の結婚で2男3女の母となり、99年フォトジャーナリストの夫エバレット・ブラウンとともに千葉県いすみ市に移住。田畑つき古民家スペース「ブラウンズフィールド」を立ち上げる。田園を望む「ライステラスカフェ」や「慈慈の邸」のほか、料理教室やデトックスプログラムなどのイベントも開催。『中島デコのマクロビオティック 玄米・根菜・豆料理』、『小さな子のマクロビオティックおやつ』(娘の渡貫子嶺麻との共著。共にパルコ出版)など著書多数。

中島デコの記事一覧

  • 最終回ですよ〜〜 私このまま、素のまんまで生きます!

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    最終回ですよ〜〜 私このまま、素のまんまで生きます!

    2017.02. 4

  • 成長した仲間を送り出し、新しい仲間と時を紡いでいく。最高の仲間と過ごせる幸せ

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    成長した仲間を送り出し、新しい仲間と時を紡いでいく。最高の仲間と過ごせる幸せ

    2016.12.24

  • 周りにあるもんで間に合わせる。「アルモンデ」は最高!!

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    周りにあるもんで間に合わせる。「アルモンデ」は最高!!

    2016.11.26

  • 芸術的センス溢れる「ピネムの森」で原点回帰。そのエネルギーに触発されまくり!

    芸術的センス溢れる「ピネムの森」で原点回帰。そのエネルギーに触発されまくり!

    2016.10.22

  • 当たり前と幸せがいっぱい詰まった国、ブータンに行ってきました〜その②

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    当たり前と幸せがいっぱい詰まった国、ブータンに行ってきました〜その②

    2016.09.25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  • 最終回ですよ〜〜 私このまま、素のまんまで生きます!

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    最終回ですよ〜〜 私このまま、素のまんまで生きます!

    2017.02. 4

  • おうちで眠っている食材がもったいないのでcafeやってみました

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    おうちで眠っている食材がもったいないのでcafeやってみました

    2017.01.15

  • 成長した仲間を送り出し、新しい仲間と時を紡いでいく。最高の仲間と過ごせる幸せ

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    成長した仲間を送り出し、新しい仲間と時を紡いでいく。最高の仲間と過ごせる幸せ

    2016.12.24

  • 中島シネマもブラウンズフィールドもルーツはここ?はじめ塾市間寮へ里帰り

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    中島シネマもブラウンズフィールドもルーツはここ?はじめ塾市間寮へ里帰り

    2016.12.10

編集部ピックアップ

  • 【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

    コラム

    【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

  • 【連載】

    ピックアップ記事

    【連載】"わたし"の時間、"母"の時間|母さんと呼ばないで(3)

  • 【連載】まちのみそ屋の女将さんへの道|発酵とすはだのおいしい関係(20)

    ピックアップ記事

    【連載】まちのみそ屋の女将さんへの道|発酵とすはだのおいしい関係(20)

「大人すはだ」限定のコラム連載中

  • からだを慈しむ、薬草の旅
  • 四季のたしなみ、暮らしの知恵
  • 発酵兄妹・妹の 発酵とすはだのおいしい関係
  • すこやかに生きること
  • おかわりおやつ
  • 酸いも甘いも家族の内
  • 中島デコのうみ•そら•みどりを召し上がれ!
  • 小手鞠るいのNYの森からきれいに私生活
  • あきゅらいず美養品
pagetop