大人すはだ大人がすはだで暮らす時間

TOP » うみ•そら•みどりを召し上がれ! » 土佐の山で暮らしてもうすぐ3年。 はじめましてシネマです。

うみ•そら•みどりを召し上がれ!お役立ち

土佐の山で暮らしてもうすぐ3年。 はじめましてシネマです。

2016.02.13

ドネーション, ブラウンズフィールド, 中島デコ, 中島子嶺麻, 笹のいえ, 高知

こんにちは。デコさんの長女のシネマです。
今回からなんとデコさんとリレーでブログを書かせて頂くことになりました。
ブログは恥ずかしながら初めてで、不慣れではありますが、お山での日々の暮らしや二代目ゆるマクロビ子育てのいろいろなど、少しずつ書かせていただきたいと思います。
家族は主人と5歳の娘、3歳の息子、10ヶ月の赤ちゃんと猫が1匹。家族ともどもよろしくお願い致します。
s_1-1 .jpg
 
今回は「笹のいえ」ができるまで。その1〜移住まで編〜です。
 
s_1-2 .jpg
 
何度かデコさんにも紹介してもらったのでご存知の方もいるかも知れませんが私たちは、高知県四国山脈の中で「笹のいえ」という、ちょっと不便だけど豊かなむかし暮らしを体験できる宿を運営しています。
宿と言っても普段通りの私たちの暮らしを経験してもらうだけ(食事は薪で調理、五右衛門風呂、コンポストトイレなど)。
宿泊料金は決めておらず、お客様に好きな金額をお支払いただくドネーション(お心づけ)方式としています。
 
そんな宿を始めようと思ったのはいろいろな出会いや必然が重なったから。
ここで数年前に話は戻ります。
s_1-3 .jpg
母とパートナーが営む千葉県いすみ市にある「ブラウンズフィールド」(以下、BF)で私は結婚し、長女を出産、さあこれから!というタイミングで3.11。
このことが、もっと長いスパンで、BFから独立を考えていた私たちの足取りを早めるキッカケになりました。震災後、今までぼんやりしていた理想がはっきり目に見えるようになったのです。
 
私にとってそれは「ライフラインがなるべく自分たちの手の届く場所にあって、そして収入も支出も少ない、でも豊かな暮らし」でした。
 
具体的にあげていくと、
水道以外の水源が使えること。
BF時代、震災後に手押しポンプを井戸に取り付け、停電時にも水に困らないようになった経験から。災害で断水したり、使用量が制限されたりといったことが少ない山水、井戸水、天水といったものを利用する。
s_1-4hatake.jpg
ガスに頼りきらない生活。
薪ストーブで暖をとるのはもちろん、BFの釜戸で炊飯していたご飯の美味しさ、手軽さから、いつしか全部調理は薪で直火でやりたいと思うように。
また、薪風呂の温もりが忘れられず、毎日入れなくてもいいから、絶対五右衛門風呂がいい!と思うように。
(薪生活が許されるおうちって限られてきますけどね。だから基本、古い家を探しました)
s_1-7stove.jpg 
③オフグリッドを目指すことができる環境。
日当たりが良いこと、もしくは自由になる水があること。そして、自然からの恩恵を得ることができる豊かな土地であること。
 
④田んぼや畑が目の前。
食育の一環として子ども達に野菜やお米の育つ様子を見てほしいし、安全で安心して食べさせてあげられるものをつくりたい。微力でも次世代につなげていきたい。何より主食を作っているという絶大な安心感。大事〜。
s_1-6river.jpg
 
⑤支出の少ない暮らしを実現する。
そのためには… やっぱり家賃の安い物件!現金収入が多いとその分お金を使う生活になるのは必然。ひとまず稼ぐあてがなかった私たち夫婦は、楽しめる範囲で支出を抑え、収入があまり無くても生きていけるようにしたかった。家賃を稼ぐのが大変という状況はつらいですからね。
s_1-8.jpg
 
⑥子育てはなるべく自然の中でしたい。
今みたいに整備される前の代々木公園で開催される「自主保育の会」で幼少時代を過ごした私は、自然の中に身を置いて、自然の中で遊ぶのが当たり前でした。
そんな当たり前を、自分の子ども達にも与えたい。いつの間にかそんな風に思っていました。贅沢を言えば、「隣家から遠い」のもここに付け加えたいです。
 
食事にしても、農法にしても、子育てにしても、少しばかり慣行とは違う我が家。熱出しておでこにキャベツを巻いているうちの子どもをご近所さんが見たらビックリするだろうし(笑)、人となりを知ってもらうまでは、ご近所さんとは少し距離をおきたいと考えていました。
s_1-5kodomo.jpg
と、こんな感じ。
こんな贅沢な理想を叶えるべく、移住先を求めて西日本を中心に友人を頼って各地を巡りました。日本中、どこに行っても田舎はとても良いところ、素敵な場所ばかり!でもパーフェクトなところなんてなくて。その時住んでいたBF以上に私の希望を叶えてくれる場所がなかなか見つからず、引越し先を決めかねていました。
 
BFを離れる日が迫り来る冬のある日、まだ移住先が決まらない私たちのところに友人の友人の友人(この時点ではえらい遠いんですけど、今ではすっかりお友達)の紹介で、降って沸いた高知の物件。
これがかなりの好条件、しかも橋渡し役となってくれた方の対応が前向きで好印象。あれよあれよと、主人がひとり夜行バスに揺られて、現地視察に行きました。
 
もう時間がない!その人を頼ってそこに行ってしまえ!
 
と、心に余裕がなく、視野がかなり狭くなっていた私たちは、ろくすっぽ調べもせず、縁もゆかりも無く、友人さえいない土地への移住を決断していました。
 
次回は、その2〜怒涛の改修からオープンまで編〜です。
が、その前に。
デコさんは改修前の笹を見た数少ない人なので、改修前の笹を見て、一言感想をもらおうかしら。おかあさーん。
 
中島子嶺麻

中島子嶺麻

1984年中島デコの長女として生まれる。「おなかの中からマクロビオティック」で育った純マクロっ子。2007年から千葉房総にあるブラウンズフィールドで、日々の調理や イベント、経理などを担当。結婚後、3児をプライベート出産する。2013年高知県に引っ越 し、古民家を修復しながら農的生活をはじめる。2015年むかし暮らしの宿「笹のいえ」として体験型のお宿をスタート。得意料理は、旬の野菜の皮から根っこまでを余さず使うMOTTAINAI料理。著書に「きれいになる「ゆるマクロビ」玄米と野菜のワンプレートごはん」「朝つめるだけ 玄米と野菜の「ゆるマクロビ」弁当」家の光協会、「小さな子のマクロビオティックおやつ」パルコ出版。

中島子嶺麻の記事一覧

  • おうちで眠っている食材がもったいないのでcafeやってみました

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    おうちで眠っている食材がもったいないのでcafeやってみました

    2017.01.15

  • 中島シネマもブラウンズフィールドもルーツはここ?はじめ塾市間寮へ里帰り

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    中島シネマもブラウンズフィールドもルーツはここ?はじめ塾市間寮へ里帰り

    2016.12.10

  • ただ切るだけじゃもったいない?!ヘアードネイション体験

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    ただ切るだけじゃもったいない?!ヘアードネイション体験

    2016.11.13

  • 楽しい!嬉しい!気持ちいい!をシェアしたい。素敵な夫婦の新しい結婚式のカタチ。

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    楽しい!嬉しい!気持ちいい!をシェアしたい。素敵な夫婦の新しい結婚式のカタチ。

    2016.10. 8

  • 夏の終わりにやっと完成したアースキッチンがかわいい。風を感じ、虫の声を聞きながらの野外料理は、クセになる。

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    夏の終わりにやっと完成したアースキッチンがかわいい。風を感じ、虫の声を聞きながらの野外料理は、クセになる。

    2016.09.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  • 最終回ですよ〜〜 私このまま、素のまんまで生きます!

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    最終回ですよ〜〜 私このまま、素のまんまで生きます!

    2017.02. 4

  • おうちで眠っている食材がもったいないのでcafeやってみました

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    おうちで眠っている食材がもったいないのでcafeやってみました

    2017.01.15

  • 成長した仲間を送り出し、新しい仲間と時を紡いでいく。最高の仲間と過ごせる幸せ

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    成長した仲間を送り出し、新しい仲間と時を紡いでいく。最高の仲間と過ごせる幸せ

    2016.12.24

  • 中島シネマもブラウンズフィールドもルーツはここ?はじめ塾市間寮へ里帰り

    うみ•そら•みどりを召し上がれ!

    中島シネマもブラウンズフィールドもルーツはここ?はじめ塾市間寮へ里帰り

    2016.12.10

編集部ピックアップ

  • 【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

    コラム

    【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

  • 【連載】

    ピックアップ記事

    【連載】"わたし"の時間、"母"の時間|母さんと呼ばないで(3)

  • 【連載】まちのみそ屋の女将さんへの道|発酵とすはだのおいしい関係(20)

    ピックアップ記事

    【連載】まちのみそ屋の女将さんへの道|発酵とすはだのおいしい関係(20)

「大人すはだ」限定のコラム連載中

  • からだを慈しむ、薬草の旅
  • 四季のたしなみ、暮らしの知恵
  • 発酵兄妹・妹の 発酵とすはだのおいしい関係
  • すこやかに生きること
  • おかわりおやつ
  • 酸いも甘いも家族の内
  • 中島デコのうみ•そら•みどりを召し上がれ!
  • 小手鞠るいのNYの森からきれいに私生活
  • あきゅらいず美養品
pagetop