大人すはだ大人がすはだで暮らす時間

TOP » 食べる » からだの中をキレイに!デトックス効果のある食材 ‐ 野菜編 ‐

食べる

からだの中をキレイに!デトックス効果のある食材 ‐ 野菜編 ‐

2015.05.19

からだ, 初夏, , 野菜, 陰性, 陽性,

女性のからだのサイクルは、人によって違います。しかも、生理や生まれながらの体質によってお腹の調子が予測できないことも、しばしば。すはだのコンディションはお腹の中をキレイにするだけでも、ずいぶん変わります。
 
そこで今回は、からだのなかをスッキリさせる、デトックス効果のある食材で、初夏に食べたい野菜をご紹介します。

デトックスとは?

そもそも、「デトックス」という言葉の意味、ご存知でしょうか。
 
デトックス(detox)は、英語のdetoxificationの略で、解毒や毒出しと訳されます。
 
からだの中をデトックスするには「酵素」が必要です。酵素は体内で「消化酵素」と「代謝酵素」に分かれ、動物性たんぱく質を分解するはたらきや、体外に老廃物を排出するはたらきをし、からだの中をキレイにしてくれるのです。

デトックス食材を食べる時に気を付けるべきは「順番」

それなら、デトックス食材をたくさん食べれば、からだの中が常にスッキリした状態で健康的なのでは?
 
いえいえ、何事も、摂り過ぎは禁物。効果を十分に発揮するにはコツがいるのです。
 
それは、食べる順番。野菜やくだものに含まれる酵素を効果的に働かせるためには、どういう順番で何を食べるかも大切です。消化スピードの早い野菜やくだものを先に食べると、後でお腹の中に入ってくる肉や魚のたんぱく質が分解されやすくなります。
 
栄養バランスを意識しながら食材を選び、デトックス野菜をまず先に食べることで、よりからだが元気になるのです。

カラダの中からキレイに!暑い季節におすすめの野菜Best 5

さて、それではいよいよ、デトックス効果のある初夏に食べたい野菜をご紹介します!
 
新陳代謝や基礎代謝の機能を上げる「酵素」や、腸内環境をスムーズにする「食物繊維」がたっぷりと含まれている食材たちですよ。

(1) もやし

IMG_1361.JPG
もやしは、食物繊維や、腸壁の筋肉のはたらきに刺激を与えるカリウムを含みます。また、グルコシノレートという成分も含まれており、これは、腸内環境を整えるにはもってこいの成分。
 
そのうえ、不安や緊張を和らげるはたらきがあります。腸壁を刺激して、お通じが良くなるだけでなく、腸内をきれいに保つはたらきも持っています。

(2) トマト

トマト
トマトに含まれるリコピンには脂肪燃焼効果があります。どういうことかというと、ダイエットやアンチエイジングに最適な食材とも言えるのです。
 
このリコピンは水溶性ではなく油に溶ける性質を持つので、オリーブオイルやゴマ油と一緒に摂取することをおすすめします。

(3) セロリ

セロリ
解熱作用や利尿作用を促すセロリは、香りが特徴的です。
 
葉からも茎からも独特の香りが漂うセロリ。この香りによるリラックス効果や鎮痛作用が、実は昔から重宝されてきました。原産地であるヨーロッパでは古くから万能薬としてセロリが用いられていたそうです。

(4) ゴーヤ(にがうり)

ゴーヤ
「にがうり」の名でも親しまれる、ゴーヤ。この野菜のもつ強烈な苦みは、モモルデシンという成分によるもので、コレステロールの低下作用があります。
 
また、ゴーヤには他の野菜や果物に比べて何倍も多くビタミンCが含まれていますが、野菜の中では唯一、加熱に強いとされています。そのため、ゴーヤーチャンプルーやスープにしても、ビタミンCはそのまま、からだの中へ摂り込むことができるのです。

(5) オクラ

オクラ
オクラのネバネバ成分は、水溶性の食物繊維で、腸を整えるはたらきがあります。
 
また、漢方である中医学の観点では、「腎」を強くする食材とされています。腎は、生命力や活力のことで、この腎が不足すると、老化の早まりや生殖機能の衰えにつながるといわれています。
 
オクラは、新鮮なものほど白いうぶ毛が生え、きれいな五角形であれば、同じく新鮮で噛みごたえがシャキシャキしている証拠。ですのでオクラを選ぶときは、うぶ毛がたくさん生えていて、五角形がはっきりしているものがおすすめです

香りや苦みのある野菜を選びましょう

野菜には、独特の香りや苦みが含まれているものも多く、種類によっては敬遠されがちになるものもあります。しかし、それらの香り成分や苦み成分がデトックス効果のある証。
 
からだの中の無駄なものを排出してくれるだけではなく、美味しく食べることで気分もリラックスできたり、もやもやとした気分が晴れることもあります。
 
ぜひ、お好みの方法で初夏の野菜を楽しんでくださいね。
 
中村円香

中村円香

1992年、愛知県名古屋市生まれ。東京都在住。 野菜と果物をこよなく愛し、地域の伝統野菜に目がない。各国の菜食事情に興味があり、いつか世界菜食旅行をすることが夢。

中村円香の記事一覧

  • からだを整え美肌効果のある良い油と、悪い油の見分け方

    食べる

    からだを整え美肌効果のある良い油と、悪い油の見分け方

    2017.01.23

  • 今年の秋こそ「菌活」!キノコとサツマイモのほくほくソテーの簡単レシピ

    食べる

    今年の秋こそ「菌活」!キノコとサツマイモのほくほくソテーの簡単レシピ

    2016.11. 4

  • 今こそ始めたい「菌活」。秋はキノコを食べて美肌に

    食べる

    今こそ始めたい「菌活」。秋はキノコを食べて美肌に

    2016.11. 2

  • むくみや目の疲れに効く!アジアのスーパーフード「クコの実」|おかわりおやつ

    食べる

    むくみや目の疲れに効く!アジアのスーパーフード「クコの実」|おかわりおやつ

    2016.10.31

  • 秋の冷えやむくみよ、サラバ!里芋のぬめぬめ薬膳おかずで体調管理を

    食べる

    秋の冷えやむくみよ、サラバ!里芋のぬめぬめ薬膳おかずで体調管理を

    2016.10.23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  • カゼをひかないコツは日々の食生活!気をつけるべき3つのこと

    お役立ち

    カゼをひかないコツは日々の食生活!気をつけるべき3つのこと

    2016.11.16

  • 秋の冷えやむくみよ、サラバ!里芋のぬめぬめ薬膳おかずで体調管理を

    食べる

    秋の冷えやむくみよ、サラバ!里芋のぬめぬめ薬膳おかずで体調管理を

    2016.10.23

  • 【連載】「冷えとり健康法」との出会い|すこやかに生きるということ⑬

    コラム

    【連載】「冷えとり健康法」との出会い|すこやかに生きるということ⑬

    2016.10. 7

  • 【連載】心とからだを自然のリズムとチューニングする|すこやかに生きるということ⑫

    コラム

    【連載】心とからだを自然のリズムとチューニングする|すこやかに生きるということ⑫

    2016.08. 1

編集部ピックアップ

  • ぬか漬け生活2週間目、5日間の旅行に出ても大丈夫でした

    ピックアップ記事

    ぬか漬け生活2週間目、5日間の旅行に出ても大丈夫でした

  • お手軽、ぬか漬け生活はじめました!!

    食べる

    お手軽、ぬか漬け生活はじめました!!

  • 【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

    コラム

    【連載】目をそらしていた自分と向き合う第一歩|○○系からの成仏(最終回)

「大人すはだ」限定のコラム連載中

  • からだを慈しむ、薬草の旅
  • 四季のたしなみ、暮らしの知恵
  • 発酵兄妹・妹の 発酵とすはだのおいしい関係
  • すこやかに生きること
  • おかわりおやつ
  • 酸いも甘いも家族の内
  • 中島デコのうみ•そら•みどりを召し上がれ!
  • 小手鞠るいのNYの森からきれいに私生活
  • あきゅらいず美養品
pagetop